目の下のクマ(くま)

024 目の下のクマ(くま) 症例-24

24歳 女性

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療前右斜め拡大(3)治療前右斜め拡大
  • (4)治療前左斜め拡大(4)治療前左斜め拡大
  • (5)治療前眼球上転時拡大(5)治療前眼球上転時拡大
  • (6)治療直後正面(6)治療直後正面
  • (7)治療直後正面拡大(7)治療直後正面拡大
  • (8)治療後2日目正面(8)治療後2日目正面
  • (9)治療後2日目正面拡大(9)治療後2日目正面拡大
  • (10)治療後4週間目正面(10)治療後4週間目正面
  • (11)治療後4週間目正面拡大(11)治療後4週間目正面拡大
  • (12)治療4週間目眼球上転時拡大(12)治療4週間目眼球上転時拡大
  • (13)治療4週間目右斜め拡大(13)治療4週間目右斜め拡大
  • (14)治療4週間目左斜め拡大(14)治療4週間目左斜め拡大
  • 採取した脂肪採取した脂肪
■経過
目の下のクマ(くま)治療のカウンセリングに来られました。患者様の訴えによると、目の下のクマ(くま)は小学校2年生(7歳児)の頃から気になっていたそうです。その頃からお母さんのお化粧を借りて、目の下のクマ(くま)を隠していたそうです。現在まで17年間、悩んでいた目の下のクマ(くま)を少しでも改善する方法がないか探し続けていたところ、当クリニックのホームページを見つけ来院されました。
■診察
目の下のクマ(くま):色素沈着あり。
目の下の脂肪量:少量 右=左
蒙古ひだ:なし。
眼球突出:なし。
身体所見上:特に異常なし。
治療経験:なし。
■治療方針
写真-1~4を観察すると、目の下のクマ(くま)が存在します。
目を上転させた写真-5を見ると目の下に膨らみが現れ、過剰脂肪の存在がはっきりとわかります。この過剰脂肪が目の下のクマ(くま)を強調させています。この症例の目の下のクマ(くま)の改善は、目の裏から行う目の下のクマ(くま)、たるみ治療が最適です。
■治療後の評価
治療直後の写真-6,7を見ると、治療直後から目の下のクマ(くま)が改善されています。除去脂肪を観察すると、通常よりオレンジの色調が濃くなっています。
皮下にこのように色調の濃い脂肪が存在した場合、この脂肪に光が吸収率されて目の下の皮膚が黒く見えます。
つまり、一般的に色素沈着が原因と思われる目の下のクマ(くま)も、実は目の下に存在する過剰脂肪が原因である場合が少なくありません。
治療2日後の写真-8,9を見ると全体的にむくみが認められますが、治療前に認められた目の下のクマ(くま)はほぼ消失しています。
左目下をよく観察すると、やや青みがかった色調を認めます。これは治療後に軽度の内出血が発生したものです。このような軽度の内出血は約1%(100人の患者さん中1人程度)の確率で起こるようです。
この変化は約1週間程度で自然に消滅しますが、気になる場合はファンデーションやコンシーラーで隠しておくと良いでしょう。
治療4週間後の写真-10~14を確認すると、治療前に存在した目の下のクマ(くま)、たるみは改善したことがわかります。
特に治療後眼球上転時拡大写真を見ると、治療前に存在した色素の濃い脂肪が除去された結果、目の下のクマ(くま)が大幅に消失しています。
今後は目の下の皮膚のスキンケアを行うことで、皮膚に残った色素沈着を少しでも薄くすると、さらに良い結果が期待できるでしょう。

025 目の下のクマ(くま) 症例-25

42歳 女性 治療年月日:2011年11月4日

  • 治療前正面治療前正面
  • 治療前正面拡大治療前正面拡大
  • 治療翌日正面治療翌日正面
  • 治療翌日正面拡大治療翌日正面拡大
  • 治療9ヶ月後正面治療9ヶ月後正面
  • 治療9ヶ月後正面拡大治療9ヶ月後正面拡大
■経過
目の下のクマ(くま)が気になり、1年以上前に目の下のいわゆる”ハの字”部位にヒアルロン酸を注入しました。しかし治療結果に満足出来ず、ヒアルロン酸等の注入ではなく、根本的な症状改善を求め当クリニックに来院しました。
■診察
療前写真-1,2を観察すると、過剰ヒアルロン酸注入により目の下の”ハの字”部位が膨らんでいます。同時にこのヒアルロン酸注入効果で”ハの字”が消えているため、目の下のクマ(くま)はさほど目立ちません。しかし客観的に見ると、注入物による不自然さが残存しています。ヒアルロン酸注入前写真は取得できず、注入前の状態は把握不可能ですが、下眼窩脂肪量は少なく、目の下のたるみというよりも、下眼瞼構造の不具合による目の下のクマ(くま)がやや目立つ状態と推測しました。
■治療方針
本人の希望もあり、目の下のクマ(くま)改善を試みて、下眼瞼形成術を行うことにしました。必要であれば、後日過剰ヒアルロン酸を、ヒアルロン酸分解酵素で溶解させる予定です。
■治療後の評価
治療翌日の写真-3,4を見ると、治療後の腫れは了解可能範囲で収束しています。この患者さんは海外在住のため、治療1週間後や治療1ヶ月後の写真撮影が行えませんでした。治療9ヶ月後の写真-5,6を観察すると、ヒアルロン酸注入の少ない左目は良好な結果が得られましたが、右目内側には依然過剰ヒアルロン酸が残存しています。
この右目の過剰ヒアルロン酸は次回帰国した際にヒアルロン酸分解酵素で溶解させる予定です。
この症例からわかるように、下眼瞼へのヒアルロン酸注入は、必ずしも良い結果を生むとは限りません。もし注入するのであれば、慎重な姿勢で、ごく少量から注入すべきでしょう。
ヒアルロン酸の吸収速度は注入部位により異なります。口元のほうれい線など、動く部分へのヒアルロン酸注入では、3~6ヶ月程度で吸収されることが一般的です。
しかし、下眼瞼のようにあまり動かない部分へのヒアルロン酸注入では吸収速度は極度に遷延し、注入後2~3年経過しても残存していることが多いようです。

026 目の下のクマ(くま) 症例-26

36歳 女性

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療直後正面(3)治療直後正面
  • (4)治療直後正面拡大(4)治療直後正面拡大
  • (5)治療後1週間目正面(5)治療後1週間目正面
  • (6)治療後1週間目正面拡大(6)治療後1週間目正面拡大
  • (7)治療後4ヶ月目正面(7)治療後4ヶ月目正面
  • (8)治療後4ヶ月目正面拡大(8)治療後4ヶ月目正面拡大
  • 採取した脂肪採取した脂肪
■経過
数年前から目の下のたるみ、口元のしわ、額のしわが気になり始めました。また、肌のきめが粗いのと目の周りの色素沈着が気になるとのことです。これまで主な美容医療の経験はありません。
■診察
目の下のたるみ、目の上の窪み(+)口元、額のしわ(+)。 眼領域を含めた身体所見;特に異常なし。

目の下の脂肪量:右 >左で、量は中等度。外側の脂肪(-)。
色素沈着:両目周囲に色素沈着(+)。
しわ:両目の下の眼輪筋(いわゆる“涙袋”)と脂肪の間(+)。
蒙古ひだ:なし。
眼球突出:なし。
血圧122/88mm Hg、脈拍74
既往歴:アトピー性皮膚炎(+)。
喫煙:10本/日。
飲酒:なし。
■治療方針
写真1、2を観察すると、目の下のクマ(くま)、しわ、目の上の窪みが気になります。目の下のクマ(くま)は一見、色素沈着が原因と思われます。目の下を注意深く観察すると、色素沈着は目の下のたるんだ皮膚に沿って濃くなっています。
この症例の目の下のクマ(くま)は、目の下のたるみ治療で改善します。それは目の下のたるみがくまを濃くみせているためで、たるみを改善するとくまも一緒に改善するからです。目の下のしわは目直下にある眼輪筋(涙袋)と、その下に存在する過剰脂肪の間に発生しています。このしわも“目の下のクマ(くま)、たるみ治療”で改善するでしょう。
さらに、目の上の窪みですが、この症状も大変気になります。それは、右目の上の窪みが著しく、右目は三重となり、左右不対称となっているからです。しかし、“目の下のクマ(くま)、たるみ治療”は目のバランスを良くする働きがあるため、このような症状もある程度改善するでしょう。
額のしわは軽度であるため今回は治療を見送り、口元のしわにはヒアルロン酸注入を行うことにしました。
■治療後の評価
治療直後の写真3、4を見ると、目の周りがやや赤く見えますが、この赤みは数時間で消失します。この患者様はアトピー性皮膚炎があり、皮膚が硬く変化しているので、目の下のクマ(くま)、たるみ治療の改善効果は通常よりも少ないと説明しました。
しかし、治療7日後の写真5,6を見ると、目の下の色素沈着が残っているものの、目の下のしわが改善されつつあります。興味深いことに目の上の治療は何も行っていないにもかかわらず、目の上の窪みも改善しつつあります。
治療4ヶ月後の写真7,8を観察すると、目の下のしわはさらに薄くなり、目の下のクマ(くま)も一段と改善しました。特筆すべきは目の下のクマ(くま)、たるみ治療のみで、目の上の窪みが見事に改善されたことです。
このように目の下のクマ(くま)、たるみ治療は眼周囲全体にも良い影響を及ぼすと言えます。眼は加齢とともに、目の下の過剰脂肪等の重みで下に降ります。過剰脂肪組織等を除去することで、眼が良い位置に戻るため、加齢とともに生じた目の上の窪みも改善すると思われます。まだ、完全に消えていない目の下のしわ、色素沈着等はアトピー性皮膚炎の治療を含めたスキンケアを行うとさらに改善できるでしょう。

029 目の下のクマ(くま)症例-29

34歳 女性

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)ヒアルロニダーゼ注入一週間後正面(3)ヒアルロニダーゼ注入一週間後正面
  • (4)ヒアルロニダーゼ注入一週間後拡大(4)ヒアルロニダーゼ注入一週間後拡大
  • (5)目の裏からの目のくま治療一ヵ月後正面(5)目の裏からの目のくま治療一ヵ月後正面
  • (6)目の裏からの目のくま治療一ヵ月後拡大(6)目の裏からの目のくま治療一ヵ月後拡大
■経過
この患者様は5年前、他院にて目の下のクマ(くま)、たるみに対する皮膚切開法を行ったそうです。
当初はある程度結果に満足していました。しかし、少しずつ症状が戻り始め、2年前、前回と異なるクリニックで、目の下の眼輪筋部(いわゆる“涙袋”)にヒアルロン酸を注入したそうです。
今回の来院目的は左右不対称となっている“涙袋”を改善し、自然な感じの目元に戻せるかについてです。
■診察
目の下のクマ(くま):色素沈着あり。
目の下の脂肪量:少量(過去に摘出) 右=左
蒙古ひだ:なし。
眼球突出:なし。
身体所見上:特に異常なし。
治療経験:目の下のたるみ切開法(他院にて5年前)/目の下のヒアルロン酸注入(他院にて2年前)
■治療方針
写真-1,2を観察すると、眼輪筋部(いわゆる涙袋)の部分が不自然に厚く、目の下のクマ(くま)が目立ちます。
その主な原因は2年前に他院で眼輪筋部(いわゆる“涙袋”)に注入されたヒアルロン酸と考えられます。最初にこの不必要なヒアルロン酸を除去することにしました。ヒアルロン酸はヒアルロニダーゼと呼ばれる分解酵素を注入することで消失させることが出来ます。その治療結果を待って今後の方針を立てる予定です。
■治療後の評価
ヒアルロニダーゼ注入1週間後の写真-3,4を観察すると、眼輪筋部(涙袋)のヒアルロン酸が分解され目の下の膨らみが軽減しました。しかし、目の下のクマ(くま)は依然目立ちます。それは5年前に行った、目の下のたるみ切開法による、皮下組織の癒着が原因と考えられます。そこで、目の裏から眼輪筋部(いわゆる“涙袋”)と皮下組織の癒着し、目の下のクマ(くま)を改善する治療を試みました。治療1ヶ月後の写真-5,6を観察すると、目の下のクマ(くま)は以前と比べ、目立たなくなっています。今後は色素沈着改善のため、スキンケア治療を行う予定です。

032 目の下のクマ(くま) 症例-32

31歳 女性

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療1ヶ月後正面(3)治療1ヶ月後正面
  • (4)治療1ヶ月後拡大(4)治療1ヶ月後拡大
  • 採取した脂肪採取した脂肪
■経過
他院にて目の周りの美容治療を複数回にわたって受けました。
治療後に生じた目の周りの傷跡や目の下の内側の凹みが気に入らず、改善の余地があるかどうかについて来院されました。
■診察
目の下の脂肪量:両側外側にやや取り残しあり。
目の下の色素沈着:なし。
蒙古ひだ:なし。
身体所見上:異常なし。
過去の治療経験:他院にて二重切開法、目頭切開、目尻切開、目の下切開による目の下のクマ(くま)、たるみ治療。
■治療方針
他院にて複数の治療を行っているので、目に生じた傷跡を修正するのは困難な症例です。ただし、目の下の内側の凹みの原因は、他院の目の下のクマ(くま)、たるみ治療が内側部位のみに行われたためと考えられます。そこで今回は、目の下の内側に生じた凹みを改善するため、過去の治療によって生じた内側の癒着剥離除去と外側脂肪摘出、および被膜解離を行うことにしました。
■治療後の評価
治療前の写真-1,2を観察すると、両目の下の内側が凹んでいることがわかります。除去組織を見ると、通常摘出量の1/3程度の脂肪組織等が目の下、外側に存在していました。
治療1ヶ月後の写真-3,4を観察すると、治療前に比べて目の下の凹みが改善しています。このように一見治療困難に見える目の下の凹みも、目の下の内側、外側のバランスを調整することで大幅に改善できます。
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ