目の下のたるみ

007 目の下のたるみ 症例-7

49歳 女性

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療1ヶ月後正面(3)治療1ヶ月後正面
  • (4)治療1ヶ月後拡大(4)治療1ヶ月後拡大
■経過
目の下のクマ(くま)、たるみを改善する目的で来
院されました。
■診察
目の下の脂肪量:中等度
目の下の色素沈着:なし
過去の治療経験:なし
■治療方針
治療前の写真-1,2のごとく、目の下のく
ま、たるみ症状を認めます。
■治療料金
目の下のクマ(くま)、たるみ治療料金:
300,000円(税別)
■治療後の評価
治療1ヶ月後の写真-3,4を見ると、目の
下のくま、たるみがほぼ改善しています。
この症例では脂肪滴出量は年齢を考慮し
てやや控えめにしておりますが、十分良好
な結果が得られました。

008 目の下のたるみ症例 症例-8

35歳 女性 2013年6月5日

  • 治療前正面拡大治療前正面拡大
  • 治療直後正面拡大治療直後正面拡大
  • 治療翌日正面拡大治療翌日正面拡大
  • 治療7日後正面拡大治療7日後正面拡大
  • 治療1ヶ月後正面拡大 治療1ヶ月後正面拡大 
■経過
この患者さんは、昨年放映された目の下のたるみ治療に関するテレビ報道番組を見て当クリニックを知ったとのことです。ご自分にも同様の症状があり、その解決策を求めて来院しました。
■診察
治療前写真-1の如く、軽度の目の下のたるみ及び目の下クマ(くま)症状を認めます。症状はやや右>左です。
■治療方針
典型的な目の下のたるみ症例であり、皮膚切開を用いない目の裏側から行う下眼瞼形成術を行いました。
■治療料金
30万円(税別)
■治療後の評価
治療直後の写真-2を観察すると、腫れは了解可能範囲内であり、特に内出血等も認めませんでした。治療翌日の写真-3では両下眼瞼腫脹を認めます。治療7日後の写真-4を観察すると、両下眼瞼腫脹はほぼ解消されていますが、同部位に治療後に典型的な炎症性色素沈着を認めます。治療1ヶ月後の写真-5を観察すると、炎症性色素沈着が次第に解消され、良好な結果が得られ始めています。治療後3~6ヶ月程度経過すると、最終的に良好な結果が得られる事が一般的ですので、この期間はあせらずにメイクアップ等を利用しながらお待ちになるのが賢明です。

009 目の下のたるみ 症例-9

33歳 女性/治療年月日:2009年3月30日

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療翌日正面(3)治療翌日正面
  • (4)治療翌日正面拡大(4)治療翌日正面拡大
  • (5)治療5日後正面(5)治療5日後正面
  • (6)治療5日後正面拡大(6)治療5日後正面拡大
  • (7)治療1ヶ月目正面(7)治療1ヶ月目正面
  • (8)治療1ヶ月目正面拡大(8)治療1ヶ月目正面拡大
  • (9)治療2ヶ月目正面(9)治療2ヶ月目正面
  • (10)治療2ヶ月目正面拡大(10)治療2ヶ月目正面拡大
■経過
数年前より目の下のたるみが気になり始めました。ホームページで当クリニックを知り、治療を求めて来院されました。

美容歴:なし
■治療方針
治療前写真-1,2の如く、目の下のたるみが存在が客観的に示されています。この患者様の目の下のくまの原因は、目の下の形状によって、目の下に存在する軽度の色素沈着を強調させていることと言えます。が、この患者様の目の下のたるみの原因です。目の下の形状改善のための目の下のたるみ治療(下眼瞼形成術)を行いました。
■治療料金
目の下のたるみ治療料金:
300,000円(税別)
■治療後の評価
治療翌日の写真-3,4では、目の下の主張が軽度に認められます。治療5日後の写真-5,6では眼輪筋部(いわゆる“涙袋”)の腫脹が残存しています。
治療1ヶ月後の写真-7,8ではほぼ目の下全体にむくみが解消されています。
さらに、治療2ヶ月後の写真-9,10を観察すると、腫れが完全に解消されただけではなく、目の開きが改善し、目の印象がはっきりと綺麗になっています。
左目下のしわですが、眼窩脂肪が適切に除去されたため、次第に薄くなっていきます。早期に解消することを望むのであれば、ヒアルロン酸注入が効果的です。
この症例のように、目の下のたるみ症状が軽度であっても十分な改善効果が期待されます。
また、原則的に一生に一度の治療なので、将来目の下のクマ(くま)、たるみを予防する目的を兼ねて、症状が早期のうちに治療することも大変価値があります。

010 目の下のたるみ 症例-10

44歳 女性

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療直後正面(3)治療直後正面
  • (4)治療直後拡大(4)治療直後拡大
  • (5)治療翌日正面(5)治療翌日正面
  • (6)治療翌日正面拡大(6)治療翌日正面拡大
  • (7)治療1週間後正面(7)治療1週間後正面
  • (8)治療1週間後正面拡大(8)治療1週間後正面拡大
  • (9)治療1ヶ月後正面(9)治療1ヶ月後正面
  • (10)治療1ヶ月後正面拡大(10)治療1ヶ月後正面拡大
■経過
30歳代前半頃から目の下のたるみが気になっていました。他院に相談に行くと、”あなたの目の下のたるみは目の下の凹みが原因なので、脂肪注入をしたほうがよい。”と言われたそうです。しかし、いきなり脂肪注入をするのには抵抗があったため、CUVOクリニックで行っている目の下のたるみ治療の適応の有無を求めて来院されました。
■診察
目の下の脂肪量:右>左。
目の下の色素沈着:軽度あり。
蒙古ひだ:なし。
身体所見上:異常なし。
過去の治療経験:なし。
■治療方針
治療前の写真-1,2をよく観察すると、この症例の目の下のたるみは目の下の凹みが原因ではないことがわかります。本当の原因は目の下のたるみの存在で眼輪筋(いわゆる”涙袋”)の下が凸状に膨らみ、その下の骨上の線がへこんで見えるのです。このへこんで見える骨上の線を改善するには脂肪注入より、目の下のたるみ治療が適しています。
目の下のたるみ治療と同時に左目下の直径5ミリのホクロをレーザー除去する予定です。
■治療料金
目の下のたるみ治療料金:
300,000円(税別)
■治療後の評価
治療直後の写真-3,4を観察すると、治療前に目の下に存在した骨上の線が消失したことがわかります。脂肪等の除去は左右均等に行ったため、治療前に左右不対称だった目の下のたるみは左右対称に改善しています。
治療翌日の写真-5,6を観察すると、右目の腫れが左よりも気になりますが、この腫れは治療2、3日後にほぼ消失するでしょう。
左目上のホクロは治療後数週間、赤みとなりますが、経過とともに次第に薄くなるでしょう。
治療1週間後の写真-7,8を観察すると、目の下の腫れはほぼ消失しておりますが、眼輪筋(いわゆる”涙袋”)がやや腫れています。この腫れは治療2~3週間後にほぼ落ち着くでしょう。
左眉毛内側のホクロ除去部は赤みになっていますが、この赤みは2~3ヶ月で消失するでしょう。
治療1ヶ月後の写真-9,10を観察すると、治療以前に存在した目の下のたるみはほぼ消失しております。この症例の場合、結局目の下のたるみ以外に、他院で指摘された脂肪注入等の治療を行う必要はありませんでした。ホクロの除去跡が消失するのに、さらに1~2ヶ月が必要でしょう。
この症例をよく観察すると、右上の目のくぼみも改善していることがわかります。これは目の下の過剰脂肪等が除去それ目の位置のバランスが良くなったためと思われます。
治療前と比較すると目の下のみならず、頬のたるみもやや改善されております。これは目の下に存在した過剰脂肪を除去したことで頬にかかる重みが減少し、頬が上ったことによります。

011 目の下のたるみ 症例-11

43歳 女性

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療直後正面(3)治療直後正面
  • (4)治療直後拡大(4)治療直後拡大
  • (5)治療翌日正面(5)治療翌日正面
  • (6)治療翌日正面拡大(6)治療翌日正面拡大
  • (7)治療1週間後正面(7)治療1週間後正面
  • (8)治療1週間後正面拡大(8)治療1週間後正面拡大
  • (9)治療1ヶ月後正面(9)治療1ヶ月後正面
  • (10)治療1ヶ月後正面拡大(10)治療1ヶ月後正面拡大
■経過
20代から目の下のクマ(くま)が気になっていたそうです。自分でマッサージをして目の下のクマ(くま)を解消しようと試みても、いっこうに改善しませんでした。最近になって目の下のクマ(くま)が悪化する傾向にあったため、改善策を求めて当クリニック来院されました。
■診察
目の下の脂肪量:中等度。
目の下の色素沈着:あり。
蒙古ひだ:なし。
身体所見上:異常なし。
過去の治療経験:なし。
■治療方針
目の下に存在する過剰脂肪の存在により、治療前の写真-1,2のごとく、ハの字型の典型的な目の下のクマ(くま)症状が認められます。患者様は切開しないのであれば治療を希望したため、目の裏から目の下のクマ(くま)、たるみ治療を行うことにしました。
■治療料金
目の下のクマ(くま)、たるみ治療料金:
300,000円(税別)
■治療後の評価
治療直後の写真-3,4を観察すると、目の下に存在した過剰脂肪が適切に除去されているのがわかります。
治療翌日の写真-5,6では軽度の腫脹を認めますが、他人に気がつかれるほどではありません。
治療1週間後の写真-7,8では目の下のクマ(くま)、たるみが大幅に改善していることがわかります。両目直下の眼輪筋部(いわゆる“涙袋”)がややむくんでいますが、このむくみも治療2~3週間後にはほぼ落ち着くでしょう。
治療1ヶ月後の写真-9,10を観察すると、眼輪筋部(いわゆる“涙袋”)のむくみも取れ、ほぼ正常な状態まで回復しました。
今後目の下の色素沈着改善のためのスキンケア治療を行うと良いでしょう。
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ