目の下のクマ(くま)

目の下のクマ(くま) 新規症例

23歳 女性/治療年月日:2011年5月10日

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療翌日正面(3)治療翌日正面
  • (4)治療翌日正面拡大(4)治療翌日正面拡大
  • (5)治療2日後正面(5)治療2日後正面
  • (6)治療2日後正面拡大(6)治療2日後正面拡大
  • (7)治療10日後正面(7)治療10日後正面
  • (8)治療10日後正面拡大(8)治療10日後正面拡大
  • (9)治療1ヵ月半後正面(9)治療1ヵ月半後正面
  • (10)治療1ヵ月半後正面拡大(10)治療1ヵ月半後正面拡大
■経過
幼少時代から存在した目の下のクマ(くま)、たるみが気になり当クリニックを来院しました。

目の下のクマ(くま)、たるみの量 右>左
■治療方針
治療前写真-1,2の如く、目の下のクマ(くま)、たるみを認めます。また上眼瞼を観察すると、軽度眼瞼下垂症を認めます。両症状を解消するための、目の裏側から行う目の下のクマ(くま)、クマ治療(経結膜的下眼瞼形成術)を行いました。
■治療後の評価
治療翌日の写真-3,4を観察すると、腫れはほぼ了解可能範囲内程度でした。治療2日後の写真-5,6を観察すると、すでに腫れは解消傾向にあります。治療10日後の写真-7,8を観察すると、腫れはほぼ解消されたものの、目の下の色素沈着(くま、クマ)が依然存在しています。この色素は治療後の一時的な炎症によるもので、時間の経過とともに自然に解消されることが一般的です。治療1ヶ月半後の写真-9,10を観察すると、目の下のクマ(くま)、たるみは、ほぼ解消されました。依然、下眼瞼に軽度色素沈着を認めますが、今後漂白作用のあるスキンケア治療が有効でしょう。 

この症例は23歳と若年であるにもかかわらず、やや眼瞼下垂傾向を認めています。しかし目の下のクマ(くま)、たるみの解消目的で行った下眼瞼形成術により、同症状のみならず、眼瞼下垂症が改善したことがわかります。

眼上下は眼球を包む結合組織を通して連続しています。つまり、下眼瞼構造の不具合は上眼瞼にまで影響を及ぼし、本症例の如く眼瞼下垂傾向をもたらしています。したがって、目の下のクマ(くま)、たるみを引き起こしている下眼瞼構造の問題点を解消することで、眼瞼バランスが正常化され、眼瞼下垂など上眼瞼の不具合も解消されることが、過去に行った多くの症例から証明されています。

目の下のクマ(くま)症例-2

27歳 女性/治療年月日:2010年9月23日

  • 写真-1(治療前正面)写真-1(治療前正面)
  • 写真-2(治療前拡大)写真-2(治療前拡大)
  • 写真-3(治療直後正面)写真-3(治療直後正面)
  • 写真-4(治療直後拡大)写真-4(治療直後拡大)
  • 写真-5(治療翌日正面)写真-5(治療翌日正面)
  • 写真-6(治療翌日拡大)写真-6(治療翌日拡大)
  • 写真-7(治療1週間後正面)写真-7(治療1週間後正面)
  • 写真-8(治療1週間後拡大)写真-8(治療1週間後拡大)
  • 写真-9(治療1ヶ月後正面)写真-9(治療1ヶ月後正面)
  • 写真-10(治療1ヶ月後拡大)写真-10(治療1ヶ月後拡大)
■経過
27歳女性、思春期頃から目の下のクマ(くま)が気になっていたそうです。症状改善を求めて当クリニックに来院しました。

既往歴:二重埋没法(15歳、20歳)

生活習慣:喫煙+(10本/日)
■診察
余剰脂肪 右= やや<左、下眼瞼の色素沈着+
■治療方針
写真-1,2の如く、目の下のクマ(くま)を認めます。この症例は喫煙習慣があるため、下眼瞼に色素沈着が存在し、下眼瞼構造の不具合によりこの色素沈着が目立っている状態と診断しました。当クリニックで行う経結膜的アプローチによる目の下くま(クマ)、たるみ治療(下眼瞼形成術)にて、下眼瞼構造の不具合を解消する治療を行うことにしました。

また、過去に行った上眼瞼埋没法がすでにはずれているため、再治療を追加することにしました。

二重幅は左右それぞれ内側から(8,10,10)mmとしました。

写真-1,2(治療前正面とその拡大)



治療直後の写真-3,4を観察すると、目の下のクマ(くま)、たるみ治療とともに上眼瞼埋没法を追加したため、通常より腫れが目立ちます。

写真-3,4(治療直後正面とその拡大)



治療翌日の写真-5,6を観察すると、上眼瞼の腫れは引いていますが、下眼瞼が治療直後より腫れています。

写真-5,6(治療翌日正面とその拡大)



治療1週間後の写真-7,8では上下とも腫れは解消されていますが、目の下の色素沈着も一時的に濃くなったように見えます。

写真-7,8(治療1週間後の正面とその拡大)



治療1ヶ月後の写真-9,10を観察すると、目の下の色素沈着も治療前より改善され、良好な結果が得られ始めました。

写真-9,10(治療1ヶ月後正面とその拡大)



下の治療前後の写真を比較すると色素沈着は依然残存するものの、目の下のクマ(くま)が大幅に解消されています。今後色素沈着を解消するには禁煙および漂白剤等によるスキンケアが有効です。
■治療後の評価
いわゆる”目の下のたるみ”(下眼瞼過剰脂肪の前方脱出)は”脱脂”治療により改善されますが、この症例の如くいわゆる”目の下のクマ(くま)”は”脱脂”治療では改善されません。

その理由は目の下のクマ(くま)症例の場合、そもそも下眼瞼過剰脂肪の前方脱出が原因ではなく、下眼瞼構造の不具合により目の下の色素沈着や影が目立つ状態を言うからです。

またこういった症例にむやみに”脱脂”を行うと、へこみや窪みなどの弊害をもたらす恐れがあります。したがって、目の下のクマ(くま)治療はこの治療の専門的に行う医師が、慎重な診断の元に適切な治療を行うことが極めて重要です。

目の下のクマ(くま)治療はいわゆる”脱脂(脂肪除去)”を積極的行わず、下眼瞼構造の不具合(皮膚の下垂)を改善すべく、皮下組織の解離操作を行います。この手法により下眼瞼皮膚が挙上され、目の下のクマ(くま)が大幅に改善されます。

また”脱脂(脂肪除去)”はほとんど行わないため、へこみや窪みなどの発生は回避されます。
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ