GINZA CUVO

古くから日本のことわざに”医食同源(日頃からバランスの取れた食生活をしていれば病気予防・治療につながる)”とあるように、我々の想像以上に日々口に入れるものが健康に重要なのは間違いなさそうです。

 

ご存じのように、お水は大量に飲むとすぐ尿として排出されますが、食べ物は胃や腸で消化され分子レベルに変化した後血液を介して体中に運ばれ、栄養や体構成成分として使用されるので水と違って長期間かかって体内に蓄積されます。

 

つまり人体構成・細胞は食べ物から出来ているので、”人体細胞は7年で全く新しいものに置き換わる”との説がるくらいで、実際は部位や臓器によってそれは異なるようですが、例えば皮膚・腸の細胞は数ヶ月で新しくなり、肝臓が新細胞で完全に入れ替わるには3年ほどかかるとのこと。

 

そして骨は10年、脳細胞は部分的にしか入れ替わらず殆どの領域は生まれたた時からずっとよ一緒らしいので、人体細胞は平均すると7年程度で入れ替わるのかもしれませんが、いずれにせよ入れ替わる細胞は全て口に入れた物から出来るのです(O_O)

 

したがってオーガニック食材中心に食べている人はより健康体となり、逆にそうでない人は不健康体、つまり体力がなく病気がちになる可能性があり、冒頭の”医食同源”こそ健康の鍵だと僕は確信しています。。

 

もっと言うと、メンタル(心・精神・考え方)も食べ物から多大な影響を受けており、健康体を有する人はプラス思考・楽天的・積極的ですが、不健康体ではその正反対のネガティブ思考・悲観的・消極的に陥りやすいと言っても過言ではないでしょう。

 

この記事を読んでいる皆さんは、”メンタルも多少は食べ物の影響を受けるだろうけど、メンタルはむしろ生まれつき、その後の周囲環境による”と考えるでしょうが、では強い生命力を備えて生まれ、食べ物などの後天的影響を受けない子供たちを想像してみてください。

 

子供たちの殆どが天真爛漫・楽天的・積極的で、人間はポジティブな状態で生まれるますが、その後様々な後天的影響を受ける結果心身ともにネガティブ要素を身につけ、その根幹の一つが食べ物だと僕は観ています。。

 

突然、何故この話をしたかというと、最近僕は米国で頻繁に発生する犯罪のドキュメンタリー番組の鑑賞を就寝前の日課としていますが、実際に発生したレイプや殺人事件を観るたびに、「え?!、僕と同じ人間に本当にこんな凶悪・残虐・無慈悲なことが出来るの??」と、まさに”開いた口が塞がらない”状態となるのです(゚◇゚)ガーン

 

例えば昨晩視聴した番組は、たまたま外を散歩していた16歳の少女が誘拐・レイプされ、その犯人は証拠隠滅のために頭を鈍器で殴り殺した後遺体を森の中に捨て、その後何事もなかったかのように平然と暮らしていた犯罪者が、最近発達したDNA鑑定にてその犯罪から30年の歳月を経て逮捕されたとの内容でした(゚◇゚)ガーン

 

日本ではこういった凶悪犯罪はかなり希であり、米国と日本のこの凶悪犯・発生率の違いは何だろう??と僕は考えましたが、真っ先に思い浮かんだのが”米国人に短気で激高しやすく衝動的な性格のが少なくないからでは??”でした。

 

では犯罪を起こしやすいこの性格的特性はどこから生じるのか考察すると、それは”遺伝子レベルの差異”と言ってしまえばそれまでですが、たとえそうだとしても遺伝子に刻まれるのはまさに上述の如く、”その民族が長年何を食べてきたかの違いによる’と僕は”ピン”ときたのです!

 

このような考えに至ったのも、実は僕自身が過去に様々な食習慣を試し、何を食べるかによって心身に様々な変容が起きたからで、次回からは僕の事例も含めて食べ物と心身の関連性について深掘りしてゆこうと思います。

 

今回は小田原市までのサイクリング走行第二弾ですが、今回は熱中症になりやすい真夏の暑さと高い湿度に悩まされながらの走行だったものの、その中で嬉しかったのが午前8時過ぎになり平塚・大磯辺りを走行していると、高校生たちが僕に加わり彼女・彼らと一緒に同じペースで走行出来た事です\(^o^)/

 

やはり、1人で走るより例え他人でも一緒に走る仲間がいたほうが何故か楽しいし、それより何よりも、国道の自転車走行はが数台列になっているほうが自動車が気を遣って速度を落としたり、自転車から離れてくれて単独走行より遥かに安心だからです(^_^;

 

さて今回は小田原漁港で食べたかき氷・魚網焼き料理の様子を撮影しましたが、人口18万人程度の中都市・小田原は街中もさほど混雑しておらず、まさに自転車で動き回るには最も適した場所で、この自然豊かな街に自転車でやって来れたことに幸せを感じました。

 

 

本パンデミックの勃発後、今度はウクライナ戦争の追い打ちで、多くの国々で主食とするパンの原料小麦などがウクライナで生産・輸出出来ず、食料品価格が高騰し、特に小麦のほとんど全てをウクライナに依存する中東では、小麦の値段が何倍にも高騰したり欠品状態となっているようです(O_O)

 

日本の小麦輸入は、ウクライナのみならず、米国・オーストラリアなどの小麦生産大国からも定期購入しているので、中東ほどの悪影響は受けていませんが、それでも台所に並ぶ食料品の値段は1.2~1.3倍程度上昇し一般人たちは財布の紐を締め付け始めています(>_<)

 

また本パンデミックでは、国が多くの助成金・寄付金を社会に交付したので、ただでさえ慢性的財政赤字の政府はさらに支出が増えより厳しい状況に陥っており、このまま財政赤字が継続すれば、10~20年後に日本はデフォルト(円暴落やハイパーインフレが起こって破綻)するといった恐ろしいシナリオを予想をする経済学者もいます(゜◇゜)ガーン

 

そもそも日本は1990年代初頭にバブル経済がはじけた後、莫大な不良債権を抱えその処理に20年以上要したので、2010年までの期間を”失われた20年”と呼び、その後も経済成長(GDP)は伸び悩んでいますが、その主原因は少子高齢化とされ消費・生産人口がどんどん減少する現状では、遅かれ早かれ・多かれ少なかれこの国が衰退してゆく運命にあるのは、残念ながら間違いありません。。

 

そして政府は、所得税・法人税でまかなえない歳出補填に、消費税の増税を数年前に行いましたが、このままだと将来的にまた増税せざるを得ないなど、暗い影を落とす話ばかりでウンザリするのは僕だけでないはずです(>_<)

 

ただ僕を含め一般人が経済知識を得るには、マスコミ(テレビ・新聞)情報を鵜呑みにするしかなく、つまりその情報が本当であろうと嘘であろうと信じざるを得ないし、もしマスコミがやろうと思えば、我々の経済無知・音痴を利用し彼らの意図する方向に簡単に誘導される、恐ろしい状況でもあると僕は気付きました。。

 

そんな話をクリニック顧問の社会保険労務士さんと話していると、彼は僕に「1度この本を読んでみるとよいですよ」と、不良債権処理や政府予算(バランスシート)分析・立案、つまり国家財政運営の最前線で仕事をしていた元大蔵省・官僚高橋洋一氏・執筆の”99%の日本人がわかっていない新・国際の真実”という本を貸してくれました。

 

早速僕はこの本を、夏休み中に行った”しまなみ海道サイクリング”の際、尾道までの新幹線内で一気読みしましたが、まさに”目から鱗が落ちる(急に物事の実態が良く見え、理解出来るようになること)”とはこのことだろうと思うくらい、今まで立ちこめていた経済のモヤモヤ(暗雲)が一気に晴れたのです\(^o^)/

 

この本は難解な話を大変分かりやすく書いてあるので、皆さんにも是非ご一読頂きたいのですが、その内容を一言で説明すると、マスコミが煽るような財政(国債赤字)は日本に存在せず、日本を支配する連中が意図的に煽動していて、それはニセの国債赤字を理由に国民にさらに増税し私服を肥やすためだと言い切っています。。

 

確かに国債残高は2022年で1,000兆円を突破していますが、実は日本には”イザ”となればその全額返済出来る国家資産(国・企業・個人が保有する土地・建物・株式)があるので、今後もっと国債発行しても構わないらしく、国債残高を理由に国民へ増税するのは上記思惑があるとのことでした。

 

この本にはそれ以外にも、我々1人1人が知っておくべき経済知識が分かりやすく書かれており、1度この本を読めば、日本は決してマスコミが煽る逼迫した経済・財務状況ではないと理解出来て安心なのと、まさに正しい知識こそ我々の大いなる味方だとこの本を読めば分かるはずです(^_^)

 

本動画は都心部から西へ90Km離れた海沿いの街、小田原市までのサイクリングの様子をアップしましたが、前回向かった外房(御宿町)へのサイクリング(110Km)は午前6時半に出発したものの、到着が午後2時と意外に遅くなったので、今回はなんと午前5時に出発しました。

 

現在(2022年7月21日)日の出時刻が午前4時40分で、僕は当日朝午前4時半頃には起床しましたがまだ外は薄暗く、こんな朝早くに起きるのは久しぶりと思いながら、サインクリング中のスポーツ飲料や紅茶の準備をしました(^_^;

 

途中何度かの休憩を挟みながら約4時間半走行し、午前10時前に目的の小田原氏漁港に到着したので、今回は前回の千葉へのサイクリングより余裕があり、早めに出発した価値を実感しましたが、取りあえず小田原市到着までのサイクリングの様子をお知らせしました(^_^)

 

 

 

前回ブログで、元プロボクサーヘビー級世界チャンピオンのマイク・タイソン氏が50代中半で悟りを開いた話をしましたが、それはあくまで今回の前置きに過ぎず、これからお金にまつわる驚愕事件(本題)をしたいと思います。

 

これからな話す事件の犯人は関西出身の20代後半でなかなかのイケメン男性で、彼は高校時代にスポーツで大活躍しその競技で高校日本代表選手に選出されたものの大学時代は怪我で挫折し、その後はマネージャーとして裏方に廻らざるを得なかったようです。。

 

大学卒業後彼は上京し、外資系大手保険会社に就職後何らかのトラブルを起こし、その会社をクビになり他保険会社を渡り歩いてたとのことで、仕事上でもあまり芳しくなかったようです。。

 

彼はまだ若かいので欲が強いのは当然でしょうが、それでも限度・抑制があるのが普通なのに極端な物欲・金銭欲があったようで、この年齢で高級外車を乗り回し都内・高級タワーマンションに住み、高級ブランド品で身を纏っていたようです。

 

ただいくら初任給の高い外資系保険会社に勤めていても、数千万円の外車や家賃30万円以上のタワマンに住むのは容易でなく、派手な生活を支える資金源を見つけねばなりませんが、普通それは不可能なので我慢したり諦めるはずです。

 

ところがこの男性、上記の如く尋常でない物(金銭)欲に翻弄されたのか、外資保険会社の顧客で50代中半の純粋かつそれなりの資産家・独身女性に目を付け、彼は既婚で彼女とは婚姻関係を結べない代わりに、なんと彼女の養子となり苗字まで変えたのです。。

 

ただ養子となったのには彼の腹黒い企みがあったようで、昨年夏この女性は大坂自宅の浴槽内で絶命していたのですが、その両手首に結束帯で縛られた不審な後が残されていたため、警察は自然死に見せかけた殺人事件と判断し先月この男性を逮捕しました。

 

この女性には多額の保険金(1億5千万円)がかけられており、その受取人がこの男性だったのも警察が保険金目当ての殺人事件を疑った理由でしょうが、彼はこの多額の生命保険金にて自分たち(妻も含めて)の贅沢な生活の糧にしていたのです(O_O)(O_O)

 

僕はこのニュースを知り開いた口が塞がらないと言うか、偽装殺人まで行って自分の物(金銭)欲を満たそうとしたのか理解出来ないのと、逆にそこまで強い物欲のある人間が存在するのを知りただただ驚愕しています。。

 

このような計画殺人の罪は非常に重く、もし米国でこのような犯罪があれば”第一級殺人”として間違いなく死刑、死刑廃止州でも保釈なしの終身刑となりますし、今後この男性は起訴され刑事裁判を受けるでしょうが、日本の検察も彼には死刑もしくは終身(無期懲役)刑を求刑するでしょう(>_<)(>_<)

 

最後に前出のマイク・タイソン氏の話に戻りますが、波瀾万丈だった彼が最終的に行き着いた境地のように、結局我々はいかに自らの欲望をコントロール出来るかが問われており、そのためには常に良心・理性・良識を優先にしないと、誰しもがこの犯罪者のような”欲望の虜”になりかねないことを知るべきだと思いました。

今年7月初旬あっという間に梅雨が明けたかと思いきや、その後蒸し暑い日々に悩まれてながら今日(7月下旬)まで至っていますが、この時期所謂”熱中症”のリスクが高く、つい先日僕も房総半島を自転車で南下している最中、熱中症らしき症状が出現したので決して他人事ではないと思い、本動画をアップしました(O_O)

 

”熱中症”とは、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分・塩分バランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり場合によっては死亡することもある危険な状態です。

 

なので8月も同様な状態が継続する可能性がありますから、皆様におかれましても”熱中症”には是非気を付けて頂きたいのですが、本動画がその予防措置など少しでも参考になればと思っております(^_^)

先日ネットニュースを眺めていたら、米国出身でかつて無敵のヘビー級ボクサーとして名を馳せたマイク・タイソン氏(56歳)に関する近況が掲載されており、彼曰く”最近顔にシミが増え自らの死が近いと感じている”とあり僕は”ギョッ”としました(O_O)

 

何故なら僕は、昨年夏にアキレス損傷という全く予想すらしなかった大怪我を被たせいで、いまだにランニング(マラソン)目標タイムをクリア出来ておらず(>_<)、このタイム(壁)をいかにクリアするか日々悩みながらトレーニングを再開するなど将来への希望を持っているのに、一方僕と同世代のマイク・タイソンは、すでに死を覚悟していたからです。。

 

このマイク・タイソン氏の記事を読み進めると、彼が20代前半だった1980年代後半、ボクシングの大成功で既に億万長者(生涯で400億円以上稼いだとされる)となったものの、その後、浪費、暴力事件、試合中の違反行為の罰金、離婚慰謝料、友人たち・集りからの詐欺被害等により、なんと2003年には30億円近くの負債を抱え、最終的に破産宣告したそうです(゜◇゜)ガーン

 

実は日本でも、億万長者から転落して大借金を抱えたり破産に追い込まれたりなど、マイク・タイソン氏と同様ケースが後を絶たず、そういった方々の話は別の機会で触れたいと思いますが、こここで卑近な一例を挙げると、天才ミュージシャンの小室哲哉氏がその典型です。。

 

小室哲哉氏は1980年後半~1990年代、当時一世風靡したエイベックス系音楽のプロデューサーとして大成功を収め億万長者となったものの、200年代手前にはこの”小室ブーム”が失速し、100億円以上あった貯金は10年近くで使い果たしさらに様々なトラブルに巻き込まれた結果、2006年頃にはにはほぼ一文無しとなったようです(O_O)

 

そこから小室哲哉氏のように才能ある人間はまた復活するのが凄いのですが、話をマイク・タイソン氏に戻すと、このネット記事によると彼は生まれつき持ち得たカリスマ性(人気)により、破産後再びそれなりの財産を築いたようですが、過去の経済的な波瀾万丈を経験し彼は「お金は自分にとって何の意味もない」と言い切っていました。

 

続けて彼は「お金を持っていない人たちはお金があれば幸せになれると思うでしょうが、実は大金を持ったが故に騙されて不幸に陥いるし、お金があれば安心と勘違いしてもそのお金を預けた銀行が破綻すれば全て失う恐れもあるし、どんなにお金があっても病気や交通事故などのトラブルと無縁とはゆきません。。それでもお金さえあれば本当に全てが安心ですか?」と大変意味深なコメントを述べています。。

 

最後に本ブログでマイク・タイソン氏のコメントに言及した理由ですが、実はこのネット記事を読んだ直後”開いた口がふさがらない”というか、大変恐ろしいお金にまつわる事件(犯罪)が最近起きていたことを知り、その前置きとして我々が幸せな人生に必要不可欠と頭から信じるお金も、思わぬ不幸を招きかねない”諸刃の剣”だと伝えたかったからです(O_O)

 

今回は都心部から千葉湾岸線道路を東へ向かい、その後市原市から今度は房総半島を南下して御宿町まで電動アシスト自転車走行した動画後半ですが、全走行時間は6.5時間、距離にして110キロだったので、平均時速17km/hの快適サイクリングでした(^_^)

 

御宿到着後はしばらくその達成感に酔いしれましたが、途中喫茶店で休憩した際軽くサンドイッチを食べただけだったので、急に強い空腹感を感じましたが、午後2時過ぎの御宿町(人口7,000人余り)でランチ営業しているお店は殆どありませんでした(゜◇゜)ガーン

 

御宿町駅前の観光案内所へ行くと、この時間に営業しているお店が一軒のみあったのでそこへ自転車で向かい、外房で捕れた地魚料理を食べ空腹感を満たした後直ぐに御宿町駅へ戻り自転車を折りたたみ、慌てて東京行きの特急列車に乗り込みました(^_^;

 

輪行とは自転車を公共交通機関に積み込んで移動することなのに、今回撮影する余裕がなかったので、次回こそはその様子を撮影してみたいとお思います!

前回記載したこのシーリズで僕は、2020年に勃発した新型コロナ・ウイルスによるパンデミックはいよいよ終焉を迎えたと述べ、その確たる証拠は今年1月にやって来たパンデミック第6波が4月に向けて収束し、今年のゴールデンウィークは全ての行動制限が解除されたにもかからず、その後リバウンド感染増加を認めなかったからです。

 

それは全国民の8割が既に2回目、6割が3回目接種を終了したこと、さらに本感染症勃発から既に2年半が経過し、国民が集団免疫(全体の6割以上が抗体を保持すると、そのウイルスは消退し始める)を形成したと思われること、そしてウイルス自体も時間経過とともに弱毒化し、新型コロナ・ウイルスも遂に風邪の一種に仲間入りしたと判断したからです。

 

過去(今から約100年前)に発生したスペイン風邪も2年余りで第5~6波を経験し、世界じゅうの人々がこのウイルス(インフルエンザ)に集団免疫を形成した結果、スペイン風邪パンデミックはこの世から去って行ったので、僕は新型コロナ・ウイルスパンデミックその経過を辿ったと見なしたのです。。

 

そして先日、僕が産業医として参加する新宿御苑・安全衛生委員会でも、本パンデミックはこのまま収束に向かうだろうと上記理由とともに説明したのですが、それは僕の単なる希望的観測に過ぎなかったようで、驚いたことにここ最近また感染者数が一気に増加に転じ始めました(O_O)

 

産業医としてこの発言をしたのは今年5月末で、当時は都内一日感染者数が1,000人、全国総数も1万人を下回る日も出始めていたし、上述の如くGWの人流増加にも関わらずリバウンドしなかった事実からそのように結論付けましたが、慎重に対応すべきだったと反省しいるのは”更なるワクチン接種に関して、新宿御苑・職員からの質問への返答でした。。

 

と言うのも、新宿御苑のある男性職員が僕に「4回目のワクチン接種は必要ありますか?」との質問に対してすかさず僕は「高齢者、基礎疾患等を有してる感染症ハイリスク以外の方は、ウイルスが弱毒化した現在、必ずしも4回目接種の必要は無いでしょう。。」言い切ってしまったのです。。

 

もし5月下旬以降、第6波がそのまま収束に向かい何事も無ければ僕の上記発言も決して不適切ではなかったのでしょうが、7月上旬の現在なんと第7波がやって来たようで、僕の予想を見事に裏切る残念な状況に向かい始めてしまったのです(>_<)(>_<)

 

今後第7波がどのように転じるのか誰も予測出来ませんが、本パンデミック専門家の話によると、昨年国民が行った2回のワクチン接種効果はすでに消失しており、3回目接種を終えた人も4回目接収を奨励するとのことで、僕の産業医コメントも次回訂正せざるを得なくなりました。。

 

では世界的感染状況がどうなっているかですが、ヨーロッパ、特にポルトガルで数ヶ月前に第7波感染が再拡大しましたが、それは比較的早期に収束したらしいので日本も同様の経過を辿り8月後半には収束するのではないかと言われています。

 

では何故、本パンデミックは過去事例がないほど長期間くすぶり続けるかですが、それは過去と現在の感染症対策の違い、すなわちワクチン接種の有無により、本パンデミック対策にワクチンを打ち続けているのがその主要因のようなので、次回このシリーズでブログ記載する状況を観ながらその話をしたいと思います。

 

本動画は先週木曜日、今春僕が入手した電動アシスト自転車による都内~千葉県・御宿までのサイクリングの様子を自撮りしたものです(^_^;

 

本サイクリングは、前日の水曜日に天気予報を見ると、関東一帯は曇り空で気温30℃以下と絶好のサイクリング日和だったので敢行しましたが、早朝とはいえども都心部~千葉市までの湾岸地帯はサイクリングに不向きで千葉市を抜けるまでの苦労はトラウマになるほどでした(゜◇゜)ガーン

 

ただ、千葉市を抜けると喧噪地帯や渋滞道路は次第に減り、ようやくサイクリングっぽくなって爽快に走り抜けましたが、そこから御宿(千葉外房海岸にある街)までの南下はまた別の苦労がありました(T_T)

 

今回は全走行距離110キロのサイクリング動画の前半でしたが、やはり真夏のこの時期より春先、もしくは初秋のほうが気持ち良く走れると思ったので、またその辺りの感想も含めて後半の動画でお知らせしようと思います。

 

 

 

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

最近のコメント

アイテム

  • hawaii myself.png
  • v-y advancement.jpg
  • IMG_8506.JPG.jpg
  • IMG_8506.JPG (1).jpg
  • IMG_3884.jpg
  • IMG_3884.jpg
  • IMG_8506.JPG.jpg
  • IMG_8506.JPG.jpg
  • スクリーンショット 2015-08-22 12.04.11.jpg