目の下のたるみ

002下瞼のたるみ症例-2'

32歳 女性 治療年月日 2017年7月24日

  • 治療前治療前
  • 治療前拡大治療前拡大
  • 治療直後治療直後
  • 治療直後拡大治療直後拡大
  • 治療翌日治療翌日
  • 治療翌日拡大治療翌日拡大
  • 治療5日後治療5日後
  • 治療5日後拡大治療5日後拡大
  • 治療1ヶ月後治療1ヶ月後
  • 治療1ヶ月後拡大治療1ヶ月後拡大
■経過
下瞼(目の下)のクマ・たるみ解消を求めて、インターネット検索で当クリニックを訪れた中華人民共和国出身の女性です。
過去に中国で二重瞼形成のための二重埋没法治療を経験したことがあるとのことです。
■診察
治療前写真-1,2を見ると、右<左の典型的な若年性の下瞼(目の下)のクマ・たるみを認めます。
■治療方針
経結膜(目の裏側・結膜面)アプローチによる、下眼窩脂肪軽減・除去及び下眼瞼皮膚挙上操作(下眼瞼形成術)で症状の改善を図りました。
■治療後の評価
治療直後の写真-3,4を観察すると、本治療が無難に終わったことが分かります。治療翌日の写真-5,6を見ると、両下瞼に軽度の腫れと左下眼瞼に軽度の発赤を認めます。治療5日後の写真-7,8では両下瞼の腫れは解消されましたが、眼輪筋部位(いわゆる”涙袋”)の腫れが存続しています。治療1ヶ月後の写真-9,10を観察すると、治療前に認められた下瞼(目の下)のクマ・たるみがほぼ解消されました。
本症例のように若年性症例の回復経過は中高年層より早く、早期から良好な結果が得られます。しばしば若年層の患者さんから「治療はもう少し年齢を重ねてからにすべきなのか?」との質問がありますが、症状が悪化していない早期に治療をすべきす。何故なら早期に治療を終えると、本症例の如く比較的短期間で良好な結果が得られ、その結果は永続的だからです。したがって症状が強くなる高齢まで治療を待機する必要はなく、下瞼(目の下)のクマ・たるみが気になった時点で治療を検討することは、決して早急ではないことをお伝えします。

002下瞼のたるみ症例-2''

40歳 女性 治療年月日 2021年4月5日結膜アプローチによる下眼瞼形成術を行いました。

  • (1)治療前正面(1)治療前正面
  • (2)治療前正面拡大(2)治療前正面拡大
  • (3)治療直後正面(3)治療直後正面
  • (4)治療直後正面拡大(4)治療直後正面拡大
  • (5)治療後翌日正面(5)治療後翌日正面
  • (6)治療後翌日正面拡大(6)治療後翌日正面拡大
  • (7)治療後7日目正面(7)治療後7日目正面
  • (8)治療後7日目正面拡大(8)治療後7日目正面拡大
  • (9)治療1ヶ月後正面(9)治療1ヶ月後正面
  • (10)治療1ヶ月後正面拡大(10)治療1ヶ月後正面拡大
■経過
下瞼たるみ治療を希望し来院した在日中国人女性です。
■診察
治療前写真-1,2から分かるように、典型的な下瞼のたるみ(右<左)を認めますが、皮膚色が白いため、所謂”下瞼のクマ”は認めません。
■治療方針
結膜アプローチによる下眼瞼形成術を行いました。
■治療後の評価
治療直後の写真-3,4を観ると局所麻酔の影響で一時的にやや開眼しにくい状態ですが、局所麻酔が収束する治療後2~3時間程度で元に戻ります。治療翌日の写真-5,6では、下眼瞼の軽度腫れを認めますが特に問題ありません。治療1週間後の写真-7,8では、治療後必発する眼輪筋の(涙袋)腫れが出現していますが、この症状も了解可能半以内です。治療1ヶ月後の写真-9,10を観察すると、治療1週間後に生じた眼輪筋の(涙袋)腫れもほぼ解消し、良好な結果が得られました。

この患者さんは色白だったので、下瞼のたるみのみ目立ち下瞼のクマは殆ど認めませんが、もし皮膚色がもう少し濃ければクマ症状も出現していたはずで、それは結局、下瞼のクマも下瞼構造の不具合(たるみ)がその主たる原因であることを意味します。従って下瞼のたるみとクマはその呼び名こそ違いますが、下瞼構造の不具合を解消すると下瞼のたるみ・クマ双方が解決されるのです。

003 目の下のたるみ

40歳 女性 治療年月日 2014年2月18日

  • 治療前正面治療前正面
  • 治療前正面拡大治療前正面拡大
  • 治療翌日正面治療翌日正面
  • 治療翌日正面拡大治療翌日正面拡大
  • 治療7日後正面治療7日後正面
  • 治療7日後正面拡大治療7日後正面拡大
  • 治療2ヶ月後正面治療2ヶ月後正面
  • 治療2ヶ月後正面拡大治療2ヶ月後正面拡大
■経過
以前から目の下のたるみを気にかけていたようですが、ネット検索で当クリニックを知り来院しました。
■診察
写真-1,2に認められるように目の下のたるみを認め、症状は右>左です。
■治療方針
当クリニックで専門に行う経結膜的下眼瞼形成術(皮膚切開をしない目の下のたるみ改善手術)を行いました。
■治療後の評価
治療翌日の写真-3,4では、たるみ症状の大きかった右目に軽度の赤みを認めます。この写真はお化粧(メイクアップ)をしておりませんが、このようにお化粧で隠せる程度の赤みが翌日出現することが希にあります。

治療7日目の写真-5,6を観察すると、右下眼瞼に黄色斑を認めますが、治療による皮下微少出血の残存が原因です。この黄色斑は治療2週間以内に消失することがほとんどです。また両下眼瞼にちりめん皺が認められますが、こういった症状もレーザー治療後の回復経過おいて、一時的に出現することあります。

治療2ヶ月後の写真-7,8を見ると、治療前に存在した目の下のたるみはほぼ解消されています。また治療9日目に認められたちりめん皺も改善されつつあります。今後皮膚保湿のためのスキンケア等を行うと、治療結果はさらに良好となるでしょう。

003 目の下のたるみ 症例-2

29歳 女性 治療年月日 2017年11月29日

  • 1.治療前正面1.治療前正面
  • 2.治療前目元2.治療前目元
  • 3.治療直後正面3.治療直後正面
  • 4.治療後目元4.治療後目元
  • 5.治療後翌日正面5.治療後翌日正面
  • 6.治療後翌日目元6.治療後翌日目元
  • 7.治療後7日目正面7.治療後7日目正面
  • 8.治療後7日目目元8.治療後7日目目元
  • 9.治療後5ヶ月14日目正面9.治療後5ヶ月14日目正面
  • 10.治療後5ヶ月14日目目元10.治療後5ヶ月14日目目元
■経過
以前から目の下のたるみが気になっていて、その改善を求めて当クリニックを訪れたお客様です。
■診察
治療前写真-1,2を観察すると、両下眼瞼に典型的なたるみ症状を認め、その大きさはほぼ左右同等です。
■治療方針
いわゆる”脱脂”は最小限とし、下眼窩脂肪を調整・平坦化する経結膜(目の裏側から行う)下眼瞼形成術を行いました。
■治療後の評価
治療直後の写真-3,4を観察すると、大きな腫れもなく左右対称の状態で無難に終了したことがわかります。
治療翌日の写真-5,6を見ると、通常治療翌日に最大となるはずの腫れも殆ど目立ちません。
治療1週間後の写真-7,8では、この治療に特徴的な眼輪筋(いわゆる”涙袋”)の腫れが、むしろ治療翌日より目立ちます。
治療5ヶ月後の写真-9,10では、社会的都合上メイクアップしているものの、下眼瞼が平坦化し、良好な結果が得られました。
本症例は治療直後から腫れは目立たず、経過も順調に回復した症例ですが、今後更なる経過観察を継続し、まだ完全には解消されていないTear troughと呼ばれる下瞼のハの字が残存すれば、本人の希望や必要に応じて”フィラー(注入剤)”による調整を行う予定です。

003 目の下のたるみ 症例3-1

58歳 女性 治療年月日 2017年2月14日

  • 治療前正面治療前正面
  • 治療前正面拡大治療前正面拡大
  • 治療直後正面治療直後正面
  • 治療直後正面拡大治療直後正面拡大
  • 治療翌日正面治療翌日正面
  • 治療翌日正面拡大治療翌日正面拡大
  • 治療8日後正面治療8日後正面
  • 治療8日後正面拡大治療8日後正面拡大
  • 治療1ヶ月後正面治療1ヶ月後正面
  • 治療1ヶ月後正面拡大治療1ヶ月後正面拡大
  • 治療3ヶ月後正面治療3ヶ月後正面
  • 治療3ヶ月後正面拡大治療3ヶ月後正面拡大
■経過
下瞼(目の下)のたるみ解消を求めて、当クリニックにご来院頂いた患者さんです。本人は治療を希望していますが、治療後のしわが発生しないか心配とのことです。
■診察
治療前写真-1,2を観察すると、加齢に伴う下眼窩脂肪膨隆による顕著な下瞼(目の下)のたるみが認められ、その症状はやや右>左です。
■治療方針
経結膜的(目の裏側・結膜面アプローチ)にて、両下眼窩脂肪膨隆部軽減・除去と下眼瞼皮膚挙上操作で症状の解消を図りました。
■治療後の評価
治療直後の写真-3,4では下眼窩脂肪軽減に伴う皮膚弛緩が目立ち、一時的にしわが発生しています。
治療翌日の写真-5,6では両下瞼と左眼球結膜の発赤を認めます。
治療8日後の写真-7,8では両下瞼の軽度凹みとしわが認められます。
治療1ヶ月後の写真-9,10では治療後初期の軽度凹み・しわ等はほぼ解消されましたが、左下瞼のしわが依然残存しています。
治療3ヶ月後の写真-11,12では治療1ヶ月後に残存していた左下瞼しわもほぼ解消しました。
従来まで本症例の如く中高年層(58歳)の下瞼(目の下)のたるみ治療は、下瞼皮膚切開法を行うのが一般的でした。ところが近年、患者さんたちに下瞼皮膚切開を勧めても、この治療法を拒否することが多いようです。
その理由は以下の通りです。
1.下瞼皮膚切開をすると皮膚切開痕が残存すること
2.ダウンタイム(回復時間)が長いこと
3.皮膚切開に伴う下瞼外反などの合併症併発の可能性が生じること
4.救命治療ではない、QOL(生活質向上)の美容治療に上記リスクを望まないこと
5.皮膚切開に対する本能的な恐れがあること

そこで皮膚切開法に代わり、本症例の如く経結膜的(目の裏側・結膜面アプローチ)が患者さんにとって大変有利な治療となります。しかし、この治療に伴う唯一の懸念事項は、皮膚切開せずに下眼窩脂肪を軽減・除去した場合、皮膚に弛みが生じて下瞼にしわが発生しないかということです。
当クリニックでは本症例の如く高齢で下瞼(目の下)のたるみが著しい場合、下眼窩脂肪軽減(除去)のみならず、皮膚切開なしに行う皮膚挙上操作を加えます。この皮膚挙上操作を適切に行うと、本症例のように治療後のしわ発生を伴うことなく、良好な結果が得られます。
皮膚挙上法についてですが、文章で簡潔に説明するのは極めて困難なので、この治療を求めてご来院頂いたお客様には、イラストと口頭で出来るだけ分かりやすく説明するようにしております。
なお本症例ですが、治療後に依然残存する下瞼色素沈着に対しては、今後漂白剤塗布などスキンケア治療で軽減を図ると、さらに良好な結果が得られるでしょう。
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ