GINZA CUVO

やっぱりスポーツはグッド!

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近本ブログではダイエット話を継続しており、今回はその中休みとして別話題にしますが、それはなんだか言ってもやめられないスポーツについてで、昨年8月に大怪我(右足首アキレス腱断裂)の手術後に松葉杖生活を強いられたとき、正直「この年齢(50代中半)でこんな怪我をしたらもうスポーツには戻れないだろう。。」と落胆しました(T_T)

 

実際、”マトモ”に歩けるようになったのは受傷半年経過した今春で、怪我からの”トラウマ”でスポーツ再開のイメージさえ恐怖に感じるほどで、内心「残りの人生は文化的趣味に費やそう」と自分自身に言い聞かたほどです。。

 

ところが不思議なもので、”マトモ”に歩けるようになった途端一気に怪我の回復が早まり、それはアキレス腱のみならずメンタル面にも波及したようで、”またスポーツを始めたい!”という欲望が湧き上がったのです(O_O)

 

ただ前回の大ケガは、サッカーのようなコンタクト(他人とぶつかり合う)スポーツ、しかも20代の若者達と競い合ったのがそもそもの原因だったので、さすがにそういったハイリスク・スポーツは今後控えるべきと心に誓いました。。

 

そこで僕は関節・腱への負担が少ない自転車をリハビリの一環として開始、つい最近まで長距離サイクリングに出かたりしていましたが、それで体力的自信を取り戻した途端、直ぐにもう少しトレーニング効果の高いスポーツに取り組みたくなったのです。

 

そして昨年のケガから1年経過した8月初旬には”ケガ完治宣言”を出し、2020年にコロナ・パンデミックで不本意にも志中半で中断せざるを得なかったランニングを再開し、その目標として半年後に開催される東京マラソンへの申し込みました(^_^)

 

ところがこの大会は大人気で抽選に当選しないと参加出来ず、本大会は過去数年参加していないランナーたちが持ち越し優先なので、当選するかどうかは今月末の抽選まで何とも言えない状況のようです(>_<)

 

いずれにせよ、年々体力が低下するこの年齢での目標達成は一刻の余地も残されておらず、それを陸上競技素人の僕が我流で行うのは無謀以外の何ものでもないので、早速僕は知人の紹介で30代後半の男性ランニング・コーチに面倒を見て貰うことになりました(^_^;

 

僕はコーチから「毎週水曜夜、代々木公園陸上競技場で行われる練習会に参加してください」と言われ、9月からこの練習会に参加し始めましたが、午後7時過ぎのしかも雨が降りしきる中で若者中心の、しかも少なからぬ数の女性ランナーたちが真剣に走り込む様子にすっかり圧倒されました(゚◇゚)ガーン

 

ですが同時に、いまだマラソンで到達出来ない目標タイムをクリアするには、最低でも毎週この練習会に参加するしかないと確信したので、多分僕はこの練習会で最高齢の新米生徒でしょうが、ランニング・コーチの言うことをよく聞きながら、年の若い先輩ランナーたちの後を追いかけようと思います(^0^;)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.cuvo.jp/mt/mt-tb.cgi/2807

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ