GINZA CUVO

お金にまつわる驚愕事件-2

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回ブログで、元プロボクサーヘビー級世界チャンピオンのマイク・タイソン氏が50代中半で悟りを開いた話をしましたが、それはあくまで今回の前置きに過ぎず、これからお金にまつわる驚愕事件(本題)をしたいと思います。

 

これからな話す事件の犯人は関西出身の20代後半でなかなかのイケメン男性で、彼は高校時代にスポーツで大活躍しその競技で高校日本代表選手に選出されたものの大学時代は怪我で挫折し、その後はマネージャーとして裏方に廻らざるを得なかったようです。。

 

大学卒業後彼は上京し、外資系大手保険会社に就職後何らかのトラブルを起こし、その会社をクビになり他保険会社を渡り歩いてたとのことで、仕事上でもあまり芳しくなかったようです。。

 

彼はまだ若かいので欲が強いのは当然でしょうが、それでも限度・抑制があるのが普通なのに極端な物欲・金銭欲があったようで、この年齢で高級外車を乗り回し都内・高級タワーマンションに住み、高級ブランド品で身を纏っていたようです。

 

ただいくら初任給の高い外資系保険会社に勤めていても、数千万円の外車や家賃30万円以上のタワマンに住むのは容易でなく、派手な生活を支える資金源を見つけねばなりませんが、普通それは不可能なので我慢したり諦めるはずです。

 

ところがこの男性、上記の如く尋常でない物(金銭)欲に翻弄されたのか、外資保険会社の顧客で50代中半の純粋かつそれなりの資産家・独身女性に目を付け、彼は既婚で彼女とは婚姻関係を結べない代わりに、なんと彼女の養子となり苗字まで変えたのです。。

 

ただ養子となったのには彼の腹黒い企みがあったようで、昨年夏この女性は大坂自宅の浴槽内で絶命していたのですが、その両手首に結束帯で縛られた不審な後が残されていたため、警察は自然死に見せかけた殺人事件と判断し先月この男性を逮捕しました。

 

この女性には多額の保険金(1億5千万円)がかけられており、その受取人がこの男性だったのも警察が保険金目当ての殺人事件を疑った理由でしょうが、彼はこの多額の生命保険金にて自分たち(妻も含めて)の贅沢な生活の糧にしていたのです(O_O)(O_O)

 

僕はこのニュースを知り開いた口が塞がらないと言うか、偽装殺人まで行って自分の物(金銭)欲を満たそうとしたのか理解出来ないのと、逆にそこまで強い物欲のある人間が存在するのを知りただただ驚愕しています。。

 

このような計画殺人の罪は非常に重く、もし米国でこのような犯罪があれば”第一級殺人”として間違いなく死刑、死刑廃止州でも保釈なしの終身刑となりますし、今後この男性は起訴され刑事裁判を受けるでしょうが、日本の検察も彼には死刑もしくは終身(無期懲役)刑を求刑するでしょう(>_<)(>_<)

 

最後に前出のマイク・タイソン氏の話に戻りますが、波瀾万丈だった彼が最終的に行き着いた境地のように、結局我々はいかに自らの欲望をコントロール出来るかが問われており、そのためには常に良心・理性・良識を優先にしないと、誰しもがこの犯罪者のような”欲望の虜”になりかねないことを知るべきだと思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.cuvo.jp/mt/mt-tb.cgi/2794

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ