GINZA CUVO

1.4 医療としての「美」、美意識としての「美」ー4

| コメント(0) | トラックバック(0)

「この美しさは全部“つくりモノ”です!」

 

人は誰しもが子供っぽい表情“あどけなさ”,を有している.  しかし,もしあなたの表情に,子供っぽさやあどけなさが少ないとしたら,それは美容外科の方法を用いると手に入れることが不可能ではない.
長い間,「美」は,特にそれはヨーロッパにおいて,必ずしも自然現象ではなく,文化的な所産であった. 人間はより美しくなることを求め,美は男性よりも女性に とってより重要なものであった.(男性はむしろ力や権力に惹かれた.)そこで女性 は美しさと魅力をさまざまな装飾品でより高めようと模索したのである. 具体的には,お化粧,眼鏡,つけまつげ,イヤリング,髪型,ハイライト,唇周 囲,瞼,眉毛への入れ墨(入れ墨という言葉は女性には使うべきではなく,むしろ 半永久的な自然色素の注入とでも呼ぶべきだろう),帽子,ネックレス,目に見え ない装飾品である香水等である.
 
また,美の専門家たちは,ルックス上の欠点を補うため,さらに現代的な装飾品を研究している.モダンな眼鏡の厚い柄は目尻のしわを隠したり,鼻の高さを調節するブリッジは,短い鼻を長く見せることも可能である.もしくはブリッジを低くすると長い鼻を短く見せることも出来る.
こうした「美」をめぐる戦略は,時には控え目に,あるいは十分過ぎるほど華やかにマスコミの女性誌等を賑わしている.
古いことわざはこのことを見通したかのように次のようにまとめている.「美の 30%は自然から成るが,残りの 70%は装飾品から成る」と.装飾品を用いる人の欠点は,もはやそれなしで若いとか美しいと見なされないことである.
 
しかし「美しくなろうとする欲望」は,女性が仕掛ける男性への「罠」ではない. それは社会や家族によりよく受け入れてもらおうとする「望み」である.女性にとって,「美しさ」は理想の追究なのである.しかしながら,現代社会においてはこの半世紀に大きな前進があったものの,女性の地位や現実は男性のそれよりも低く厳しいというのが一般的な見解である.
 
お化粧が自信を与えるのに加えて,北アメリカインディアンの武装ペイントの例 もある.「外見を変えれば中身も変わる」とか,「準備をすればパレードが始まる」 とあるように,綺麗にすることは内心のエネルギーの発露において非常に重要である.
 
女優シャロン ・ ストーンは女性記者会見の席で次のように述べたことがある.「私は決して自分を絶世の美人だとは思っていない.むしろ偉大な手品師だと 思っている.」と.
また,黒人の美人として著名なタイラ ・ バンクスは,「私は醜くはないがこの美しさは全部“つくりモノ”です」とユーモアをまじえて大胆発言をしている.もちろ んそのユーモアも虚構の一手段として,彼女自身の魅力を引き立てているのである. 
 
「美」の歴史はいつの世も作られたもの,飾り物やお化粧とは無縁ではない.より美しい顔への希求はより自然な化粧方法の洗練として,あるいは若々しい要素の強 調として化粧によって施されてきた. 口紅は代謝の良い子供のような真っ赤な色を使うべきであり,頬紅はバラ色の頬 とし,パウダーは色白でビロードのような若い肌に見せなければいけない. これが デスモンド ・ モリスが名づけた「過刺激」である. とても長い偽物の睫毛は子供の長い睫毛を想起させる.しかし,お化粧も間違った使い方をすると,「美」を損なう場合もある.したがってお化粧は女性の友であり, 敵でもある.ある民俗学の著書には,魔女たちが具合の悪い病に陥った人たちの顔 にお化粧をして,共に暮らす人たちに無駄にショックを与えないようにしたと記載 されている.
 
 
 
 
目立つこと,目立たなくなることのメリット
 
――可愛らしさの元である「子供っぽさ・あどけなさ」について話を戻そう.  子供っぽい特性や表情は保護本能を喚起するのに大切である.声も同様に子供の ように柔らかく,親しみやすくなければいけない.喫煙者に認められるざらざらし た声は子供を連想させはしない.服装も目と心を喜ばせるものでなければいけない.若々しいヘアースタイルも大切である.ミニスカートは成人の長い足を想像させるのだろうか?その色も子供っぽい明るい色,特に青,ピンクは常に年配女性に選ばれる.もちろん,黒は避けるべきである.
 
以上をまとめると,全ての人間の感覚は視覚,聴覚,嗅覚(子供は無臭で,それ故に大人は消臭剤を用いる),触覚を強く要求し,特にしっかりとした皮膚感触が 重要だということである.「美の原理」はこれらのことを原初から知り尽くしており,美に関するこうした観点を様々に主張してきた.女性が手にするファッション誌では綺麗な胸,お腹, 足を有した女性が質感の良い肌を常に持ち得ているかは疑問のあるところだ.質感の良い肌,組織弾力性が子供の皮膚の基礎的資質であり,美しさの源でもある.
 
美しくなることは,“高価”なことでもある. たとえば高価な装飾品を手に入れることは富裕層には容易であっても,そうでは ない人たちには入手しがたい.しかしこの事実は美容外科医療は,それほど裕福で はない人の間でも人気が高いことを証明するものである.なぜなら彼女たちはもと もと与えられた物や,現実社会には満足できないからだ.彼女たちは自分たちを喜 ばせる唯一の手段として,美容外科手術により美しくなることを選択するのである.ある人は精神的な高貴な理由よりも物欲で心を感化しようとする.これはある種の人には,物が潤っているときやお金が儲かっているときに子供っぽい顔を見せると言われている.
 
また子供っぽい表情を見せる戦略は,貧困や不幸との戦いで国が予算を増やそうとする際に,大衆の面前でその運動を行う人々にも認められる.さらに言うと, 子供の乞食は大人のそれよりもより多くの施しを受けることが周知の事実でもある.
ウォルト ・ ディズニーの映画では,小さく弱そうな動物のみを用いて視聴者を うっとりさせる.彼の映画ではいつも小ねずみ,子犬,子鹿ばかりが出てきて,決して大人の動物は主役にならない.おもちゃを例にあげても,人形はほぼ小さな動物か子供の顔をキャラクターとして用いている.
『星の王子さま』の著者サン ・ テグジュペリはかつて次のように語ったことがあ る.「何事においても,最終的な判断するものは心であり,目ではない.」と.
 
また体に欠陥のある場合も保護本能を喚起することを知っておく必要がある. その一つの例として,政治関連の女性著名人が外科的に容易に治せる軽度の斜視を敢えて放置するのは,この有名な保護本能を喚起さるためなのだ.この戦略により誘惑と魅力の力を増長させる.こうした軽度の障害を彼女たちは治療しようとしないのである.  なぜなら顔の一部が完全に美しくなければ,むしろ違う部分を強調させ,欠陥部分を目立ちにくくする,もしくは他の強調された部位で目をくらませることが出来るというメリットがあるからだ.例をあげるなら,ある人の目がとても美しく,鼻が平均的なのであれば,目を出来るだけ美しく飾ることで鼻はさらに目立たなくなる.これはコンラッド ・ ローレ ンツ理論を知らない美容家のアドバイスであるが,どのようにすると顔がさらに美 しくなるかをきちんと理解している. また男性の顔の傷は美しさを損なうが,恥をかかないようにするには社会の場でパソットが言うように「彼に兵士の名誉を与えよ.彼は英雄なのだ」ということを主張すればよい.
 
 
同様に Muller-Lyer の錯覚(図 1.8:同じ長さの直線が違う向きの矢印がその両 端についていることで,長さが異なるように見える錯覚)を知らない美容家でも,メイクアップを目の内側角に行って,目と目を近く見せたり,逆に目の外側角にメ イクアップを行い,距離が離れているように見せかけることが出来る.
これは長い顔や広い顔の頬骨にメイクアップを行い,顔を短く見せたり,狭く見 せたりするのと同様である.また口紅でも唇を短く見せたり,長く見せたり出来る.
 
 
 
 
スクリーンショット 2018-11-13 20.29.01.png  
■図 1.8:Muller-Lyer の錯覚.上方矢印は下方矢印より短く見えるのは,矢印が外側を向いている からであり,直線の長さは一緒である.
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.cuvo.jp/mt/mt-tb.cgi/2680

コメントする