スキンケア

美容院でスタイリストが髪型をデザインするように、医師がヒアルロン酸やアクアミドの注入量を変えることで鼻の高さも思い通りに整えることが出来ます。同様に唇やあごに注入することで魅力のある顔立ちにすることが可能です。

ヒアルロン酸の特徴

ヒアルロン酸を初回注入された場合、約3ヶ月から6ヶ月の間に体内に吸収され、基に戻るといわれています。しかし、数回による注入でヒアルロン酸の吸収が遅くなり、効果が長持ちすることがわかっています。
完全に体内に吸収されるタイプのヒアルロン酸は数種類あり、含まれる粒子の大きさにより適用部位が異なります。
治療の際に、アレルギーテストは不要となっています。
ヒアルロン酸注入について詳しくはこちら

アクアミドの特徴

ヒアルロン酸に比べ、高価である一方、ヒアルロン酸よりも数倍長持ちすることがアクアミドの特徴として挙げられます。よって、プチ整形による隆鼻効果を数年長持ちさせたいという方には向いているといえます。
 アレルギーテストは必要ありません。
アクアミドについて詳しくはこちら

ドクターのデザイン能力が大切です

顔には基本になるバランスがあり鼻の長さは顔の長さ全体の三分の一が理想とされています。
 プチ整形による隆鼻の場合、あまり派手に高くしたくなければ注入量を加減することで望み通りの高さにすることが出来ます。  唇が薄い場合はヒアルロン酸、アクアミドの注入でボリュームアップをはかることで、魅力的な唇にすることが出来ます。 あごの場合は、鼻とのバランスを考え、口先が鼻とあごに引くライン、いわゆるEーlineの中に収まるようにあごを出すと、品のある顔立ちにすることが出来ます。

ヒアルロン酸の種類

銀座CUVOでは現在、このヒアルロン酸を施術に使用しています。
・ファインライン  最も粒子が小さく額やカラスの足跡などの小ジワに適しています。
・レシチレン  中程度の粒子で、眉間や鼻唇溝(びしんこう)のシワに適しています。
・パーレーン  粒子が大きく鼻唇溝(びしんこう)のシワの他、鼻や顎などの輪郭形成に適しています。
・アクアミド  非吸収性の硬質ジェルを含むフィラーで、ヒアルロン酸とは性質が異なります。
・ニューフィル  植物由来の生体プラスチックを含むフィラーで、ヒアルロン酸とは性質が異なります。

ヒアルロン酸の応用範囲

ヒアルロン酸は鼻や顎の形成などの他にも「小ジワ」・「目袋の形成」など、幅広く使われるプチ整形の代表的なものの一つです。

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ