シミ(日光性色素斑)

 日光性色素斑は顔面以外にも、腕や手の甲、頚部といった露出部を中心に生じる多発性の褐色の色素沈着です。紫外線や加齢により表皮がダメージを受けて、メラニンを生成する細胞(メラノサイト)におけるメラニン産生が亢進したり、皮膚のターンオーバーが遅くなったりして出現します。増加させないためには紫外線対策が重要です。

患者さまのコンディションにより、最も効果的な治療方を組み合わせてご提案致します。通常レーザーと呼ばれる治療は基本的に右の図のプロセスで治療を致します。フォトRFなど光治療やRF波を用いたものは、このチャートには含まれません。

銀座CUVOによる施術の特徴

 患者様の状態に応じて治療法の組み合わせが異なってまいります。
YAGレーザーなどのいわゆるレーザー
フォトRFなどのいわゆる光治療器
ケミカルピーリング
イオン導入
内服薬(ビタミン剤、トランサミンなど)
外用剤(ハイドロキノン、トレチノイン酸、ビタミンCローションなど)

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ