脂肪吸引法

顔の各部位、頚部(2重あご)、上腕(二の腕)、腹部、背部、臀部(おしり)、大腿(太もも)、下肢(ふくらはぎ)など、皮下脂肪がある部分は脂肪吸引が可能です。
 ただし、見た目は同じでも、太鼓腹のように内臓がはっていて脂肪が少ない場合や、頬やふくらはぎなどで筋肉が発達して脂肪が少ない場合などは効果が少ないことがあります。御希望の部位で脂肪吸引が有効かどうかカウンセリング時に積極的に御相談ください。
 過度なダイエットを繰り返して皮膚が弛緩している方や、高齢者の方、高度な肥満の方では時として皮膚がたるむ可能性があります。

銀座CUVO による施術の特徴

など様ーな種類があります。脂肪吸引する部位や深さ、皮膚の張り具合、脂肪の付き方などを考えて適切なものを選ぶことが大切です。
 一般的なカニューレは 2 ~ 4 mm程度の細いものです。当クリニックでは、皮膚の保護にスキンプロテクターを用います。さらに、少しでも傷が気になることがないようにできるだけ目立たない部位から吸引を行います。例えば大腿部や臀部はヒップラインの皺から、腹部は臍の内側から吸引します。

麻酔後に、切開ラインから脂肪の吸引管(カニューレ)を挿入します。カニューレには、直径や、先端の形、穴の数など様々な種類があります。脂肪吸引する部位や深さ、皮膚の張り具合、脂肪の付き方などを考えて適切なものを選ぶことが大切です。 一般的なカニューレは 2 ~ 4 mm程度の細いものです。当クリニックでは、皮膚の保護にスキンプロテクターを用います。さらに、少しでも傷が気になることがないようにできるだけ目立たない部位から吸引を行います。例えば大腿部や臀部はヒップラインの皺から、腹部は臍の内側から吸引します。

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ