婦人科

女性器に関するご相談で一番多いのは小陰唇肥大です。
膣入り口にある女性器のフタのような部分のことを小陰唇と言います。
通常は幅1cmぐらいですが、脚を閉じた状態で、小陰唇が大陰唇からはみ出してしまうような状態のことを小陰唇肥大といいます。手術では、肥大した小陰唇の一部を切除し縫合していきます。
手術は生理日を避けて行う必要があります。術後一週間はナプキンを使用してください。シャワーは当日から可能です。

その他、処女膜再生や出産後の方に多い相談の膣縮小などデリケートな施術に対しても十分なカウンセリングをおこない、ご安心頂ける施術をご提供しています。

料金

小陰唇縮小 ¥315,000~

施術時間の目安

施術約30分

施術経過の目安

腫れ約3日 - 抜糸の必要のない糸を使用します
※手術は生理日を避けてください。シャワーは当日から可能です。
術後一週間はナプキンを使用してください。

銀座CUVOクリニックによる施術の特徴

施術時間は30分程度で、肥大した小陰唇の一部を切除し縫合していきます。
小陰唇は血流がよい粘膜状の組織ですので、回復も早く、手術跡も目立つことがなく、出産等にも影響することはありません。
術後3日程度で腫れはおさまっていきます。
吸収糸(溶ける糸)を使いますので抜糸の必要はありません。
銀座CUVOでは女性のデリケートな悩みにお応えするよう、きめ細やかなカウンセリングと施術後のダウンタイムを極力少なくする施術への配慮をおこなっています。

その他の婦人科治療

‐膣縮小‐
出産後の方の相談で多いのが膣縮小です。
治療方法は粘膜を切除し、括約筋という膣をとりまく筋肉もあわせて縫い縮めていきます。

‐処女膜再生‐
破れた処女膜に糸をかけて、縫い縮めていくことで処女膜を再生します

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ