フェイスリフト

フェイスリフト治療を含めた顔、首のしわ、たるみ、しみ治療

71歳 女性

  • 写真ー1(目の下のたるみ治療前)写真ー1(目の下のたるみ治療前)
  • 写真ー2(目の下のたるみ治療後)写真ー2(目の下のたるみ治療後)
  • 写真ー3写真ー3
  • 写真ー4写真ー4
  • 写真ー5写真ー5
  • 写真ー6写真ー6
  • 写真ー7写真ー7
  • 写真ー8写真ー8
  • 写真ー9写真ー9
  • 写真ー10写真ー10
■経過
40代後半頃から顔全体のしわ、たるみ、しみが気になってきたそうです。症状は年齢を重ねるにつれ著しくなり、家族や周囲の人から、”実年齢以上に顔のしわ、たるみ、しみが目立つ”ことを指摘されるようになりました。年相応の状態まで、顔のしわ、たるみ、しみを改善することを求めて当クリニックに来院しました。

既往歴;目の裏からアプローチする目の下のたるみ治療(70歳時)

治療前後の写真ー1,2を比較すると、目の下のたるみが改善したことが一目瞭然です。
■診察
目の下のたるみが改善すると、それ以外の顔のたるみ等が気になりだし、さらに進んだ治療を希望しました。

写真ー3,4,5の如く、この症例は71歳の日本人女性としては、比較的顔全体のたるみが強い傾向にあります。

(顔のたるみ方はその人の体質、皮膚の厚さ等によって、同年齢でも個人差があります。)

これらの症状を分析すると以下のようになります。

しわ;額、眉間、目尻、ほうれい線、口元に認めます。

たるみ;上瞼のたるみ、頬のたるみ、首のたるみが顕著です。

しみ;右頬に直径15mm程度のしみを認めます。
■治療方針
1)額のしわ;上瞼のたるみが強く、瞳に覆い被さった皮膚を眉毛を持ち上げるために、額の筋肉が過剰に収縮させることが額のしわの原因です。上瞼のたるみ治療とボトックス治療を併用することで、額のしわを改善します。

2)眉間、目尻のしわ;眉間と目尻にしわを寄せる癖があるため、ボトックス注入を行います。

3)上瞼のたるみ;皮膚自体のたるみが強いので、皮膚切開法による上瞼のたるみ治療を行います。

4)頬と首のたるみ;皮膚、皮下組織のたるみが強く、皮下組織(SMAS)と皮膚のリフトアップ治療を行います。

5)右頬しみ(直径15mm);Qスイッチレーザーによるしみ除去治療を行います。

上記治療方針(4)頬と首のたるみ改善のためのフェイスリフトは写真ー6,7の如くデザインします。
■治療後の評価
治療1ヶ月後の写真ー8、9,10を観察しますと、額、目尻、眉間のしわが大幅に改善しています。上瞼のたるみは切開治療により、適切に改善されました。頬と首のたるみですが、フェイスリフト治療により、大幅に改善されています。また、右頬のしみもほぼ解消されました。

治療前後の正面、左右側面写真を比較すると、下の写真の如く適切な改善効果が客観的に認められます。

術後の傷跡は、時間が経過するにつれ、左の症例写真のように、皮膚線条にまぎれてしまうため、ほとんどわからなくなります。
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ