目の上のたるみ

上眼瞼(上まぶた)が眼球に覆う症状を広い意味で目の上のたるみと呼びます。

目の上のたるみの原因は下記の如く、いくつかに分類されます。

1.加齢に伴う上まぶた皮膚のたるみ
2.上瞼の過剰脂肪(上眼窩脂肪)の下垂
3.目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)の弛緩(老化性眼瞼下垂症)

目の上のたるみの治療法は、上記原因に応じて異なります。

1. 加齢に伴う上まぶた皮膚のたるみ:
たるんだ皮膚の除去が主体となります。

2. 上瞼の過剰脂肪(上眼窩脂肪)の下垂:
東洋人は遺伝的に目の周囲の脂肪が多く、加齢に伴う脂肪支持組織の弛緩により、これらの脂肪が下垂し始めます。
下垂した上眼瞼脂肪は眼球の上に覆い被さり、目の上のたるみとして認識されるようになります。治療は上眼窩脂肪の除去が主体となります。

3. 目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)の弛緩:
老化とともに、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)弛緩し始め、瞼が重たく感じるようになります。この状態を老人性眼瞼下垂症と呼びます。治療は弛緩した眼瞼挙筋を短縮し、上まぶたの開きを改善します。
尚、眼瞼下垂症には老化が原因となるばかりでなく、さまざまな原因があります。詳細は眼瞼下垂症の項目に掲載しております。

  • 治療の前にご覧ください「目の上のたるみ手術、術中連続写真とその解説」
    • お問い合わせ・メール相談
    • お問い合わせ・メール相談
    • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

    ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

    • お電話はこちら
    • お問い合わせ・メール相談
    • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

    pageTop

    ページ先頭へ