目の下のたるみ

目の下のたるみ治療を受けられた方へ

■お薬について

・化膿止め、炎症止め、痛み止めのお薬が処方されますので、使用法に従って内服してください。
・目薬、軟膏などは朝と夜、洗顔後に使用し、1週間程度続けてください。 ※目薬はよく振ってから点眼してください。 ※軟膏は清潔な綿棒などを使って塗ってください。

■治療後の注意点

・治療当日は、シャワーは首から下のみにしてください。
・手術部位は強く押したり、こすったりしないようにしてください。
・治療後1・2日、アイスノンなどで冷やすことをお勧めいたします。
・当日、入浴、サウナ、運動、飲酒はお控えください。
・腫れは個人差がありますが、2日~1週間程度でほぼ落ち着きます。自然な感じになじむまでは1ヶ月程様子をみてください。
・治療後まれに内出血により、下眼瞼に赤・紫色の軽度の着色を伴うことがありますが、治療10日程度で解消されますのでご安心ください。
・万が一内出血を認めた際は、コンシーラー等をご利用頂き、カバーされることをお勧め致します。

■治療後の診察

・医師の指定した日には治療部位の診察を受けてください。
・経過観察で1ヶ月後にお越しいただきます。

※痛みや出血が治まらなかったり、何か気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。

■想定される治療後のケア

1)多少、目やにが(黄・茶)出ることがあります  →  2~3日
2)下瞼直下(涙袋)のむくみ           →  2~3日
3)目元を押した際の痛み(圧迫痛)        →  2~3日
4)赤・黄色の着色                →  10日程度程で収束。(その間、ファンデーションで隠す)

※必ずしも起こるわけではありません

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ