目頭切開

目と目の距離が離れていなかったら、目頭切開は必要ないのでしょうか?

東洋人の目頭は目の外側から内側に向かって、ヒダ状の組織が張り出しています。これは蒙古ひだと言われるもので、私たち日本人にも特徴的に見られるものです。このひだが張り出していると、上まぶたが瞳にかかり、やや目が小さく見えてしまいます。

西洋人はこの「ひだ」がないため、目が大きく見えるのです。この蒙古ヒダを切開することで、本来持っている美しい瞳の魅力を最大限に引き出すことが出来ます。

原因と問題点

蒙古ヒダが目の内側にかかることで、目が小さく見えます。

銀座CUVOによる施術の特徴

銀座CUVOオリジナル切開法を用います。従来と同様な効果があり、しかも出来るだけ傷跡を残さないという優れた施術法です。この方法を用いると目の内側に傷跡が隠れるため、傷跡はほぼわからなくなります。

従来の目頭切開は、Z切開、W切開といった複雑なものが用いられてきました。論理的にこれらの方法は優れたものですが、傷跡に関してやや目立つ傾向にあるのが欠点です。

銀座CUVOでは患者様の負担の少ないオリジナル切開法で、施術時間・ダウンタイムを大幅に軽減しました。銀座CUVOオリジナル目頭切開法後には従来までの手術法と違って、傷口を残さず目頭を開くことができます。

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ