目の下のクマ(くま)

クマ(くま)は、下眼瞼に暗い影を形成したり、その部位の皮膚の色素沈着を強調する状態を表します。目の下にクマ(くま)が存在すると、年齢より老けて見られたり、疲れて見られたりするため、外見上損をすることになりかねません。

クマ(くま)に悩む方々のコメントでしばしば耳にするのが、よく寝たにもかかわらず、他人から「どうしたの?目の下のクマがひどいけれど、最近寝れないの?疲れているようだけれど大丈夫?」と毎回言われ、大変気が滅入ると言った内容です。

これまでクマ(くま)の治療は、目の下の色素沈着を解消のためのスキンケアが一般的でした。さらに、クマ(くま)の原因は目の下の血行不良であるとし、目の下のマッサージや、サプリメント服用により血行改善を図りましたが、どれも明らかな効果が得られず、この悩みを解決することは不可能とされていました。
 
銀座CUVOでは長年の治療経験から、クマ(くま)は下眼瞼構造の不具合による下眼瞼皮膚の下垂と、その影響による影形成がその主な原因であることをつきとめました。そこで久保院長はクマ(くま)改善を図るべく、下眼瞼構造の不具合を解消するための外科治療を開発しました。その結果、これまで不可能とされていたクマ(くま)症状を画期的に改善することに成功しました。

クマ(くま)、その原因と問題点

これまで述べてきたように、クマ(くま)は、下眼瞼皮膚色素が強調されていることがその主たる原因です。クマ(くま)はいくつかの要因が重複して、その程度が変化するため、目の下のたるみより、その診断が困難であり、その治療法も、その要因の重複状況により異なります。クマ(くま)を発症させる要因は下記の如く4つあります。


1.下眼瞼構造の不具合:皮膚が下垂しているほどクマ(くま)が目立つ。

2.下眼瞼脂肪の存在:下眼瞼脂肪が多いほどクマ(くま)が目立つ。

3.皮膚の厚さ:皮膚が薄いほどクマ(くま)が目立つ。

4.皮膚自体の色素の有無:色素が濃いほどクマ(くま)が目立つ。


上記1の要因を分析すると、東洋人の特徴として下眼瞼皮下組織にはいくつかの支持(靱帯)組織があり、下眼瞼脂肪を適切な位置に安定保持しています。しかし、これらの支持組織は皮膚と皮下組織を固着するため、生まれつき皮膚が下垂した位置に固定していると、下眼瞼に影を作りやすくなります。この状態がクマ(くま)の最大原因と考えられます。

上記2の要因を分析すると、下眼瞼脂肪の量が多く、その色が濃いとクマ(くま)は目立ちやすくなります。下眼瞼脂肪の量が多いと、目の下のたるみと認識されやすくなります。目の下のたるみが存在すると下眼瞼に影ができやすく、その影がクマ(くま)を強調します。したがって目の下のたるみの存在は、クマ(くま)の悪化要因となります。

上記3の要因を分析すると、眼周囲皮膚は元来薄く透過性があるため、皮下部に眼窩脂肪など色素の濃い組織が存在すると、その色素が皮膚の上からは透けて黒っぽく見えます。したがって皮膚の薄い方に下眼瞼脂肪が過剰に存在すると、クマ(くま)が現れやすくなります。逆に皮膚の厚い方ですと、皮下組織の色が透けづらく、クマ(くま)は目立ちにくくなります。

上記4の要因を分析すると、下眼瞼皮膚に色素沈着が存在すると、それ自体がクマ(くま)として認識されやすくなります。 皮膚自体の色素沈着が目の下に存在する場合、その色素沈着は下眼瞼のみならず、上眼瞼にも存在するはずです。したがって、上眼瞼皮膚に色素沈着が存在する場合、クマ(くま)は、皮膚自体の色素沈着がその原因である可能性が高くなります。また眼周囲の色素沈着は喫煙や慢性アレルギー皮膚炎、内科的疾患により発症することがあるので、あらかじめそういった既往歴がないか調べることが重要です。

以上のようにクマ(くま)の問題点は、いくつかの要因が組み合わさってこの症状が発症しているため、その治療に当たっては、その要因を細かく分析した上で適切な治療を行う必要があることです。したがってクマ(くま)治療は、目の下のたるみ治療よりも困難であり、より多くの症例に基づいた専門的な知識と、適切な技術を取得した経験豊富な外科医が行うべきです。

銀座CUVOによる施術の特徴

上記の如く、クマ(くま)の要因は下記の如く4つに分類され、その要因別に治療法が異なります。

1.下眼瞼構造の不具合:当クリニックで独自に開発した経結膜的下眼瞼形成術を行います。この方法は皮膚切開を用いずに目の裏側の結膜面から進入し、下眼瞼皮膚を下垂させている支持組織の解離し、挙上させることで、この部位に出来やすい影を解消します。この操作によりクマ(くま)を大幅に改善させます。

2.下眼瞼脂肪の存在:下眼瞼脂肪の前方突出はクマ(くま)を誇張させます。下眼瞼余剰脂肪の摘出を中心とした目の下のたるみ治療を行うことで、くま症状を解消します。

3.皮膚の厚さ:皮膚の厚さを外科的に改変することは不可能ですから、この要因に関して対応すべき方法はありません。

4.皮膚自体の色素の有無:皮膚色素沈着を解消するには、もしその原因となる喫煙やアレルギー皮膚炎などの要因がある場合、禁煙やその基礎疾患の改善を最初に図るべきです。その後、皮膚に残存した色素沈着はレーザー療法、ケミカルピーリングや漂白剤塗布などのスキンケア治療、さらに漂白作用のあるサプリメント服用等による治療を行うべきです。

このように当クリニックではクマ(くま)の原因別に治療法を選択します。クマ(くま)は、上記の個別要素が単独でその原因となるよりも、いくつかの要因が重複してこの症状を形成しています。したがってその解決策は、その要因の比重において治療法を選択、配合する必要があります。この作業は多くの症例経験を通してこそ得られる能力ですが、当クリニックではこの治療を専門に行う久保院長がこの能力を獲得ました。その結果、これまで改善困難と言われていたクマ(くま)症状に対しても、良好な結果が得られるようになりました。

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ