眼瞼下垂症

このイラストでは左目に軽度眼瞼下垂症があります。眼瞼下垂症は先天性と後天性の2種類に分類されます。先天性眼瞼下垂症は生まれつきのものです。後天性眼瞼下垂症は老人性、外傷性、神経原性、筋原性などの原因が挙げられます。

当クリニックで治療対象とする眼瞼下垂症は、後天性眼瞼下垂症の中で、皮膚のたるみを含んだ老人性とハード・コンタクトレンズの長期装用による外傷性によるものです。

眼瞼下垂症の手術法-1(腱板と眼瞼挙筋結合部位の露出)

後天性眼瞼下垂症の中で治療対象となることが多いのは、長期間のハード・コンタクトレンズ装用によるものです。

上瞼の縁(腱板)と上瞼を持ち上げる眼瞼挙筋との結合部が、瞬きをするたびに固いハード・コンタクトレンズの摩耗で次第に緩み、眼瞼下垂症を引き起こします。

手術法はイラストの如く上瞼の二重(重瞼)ライン上で水平切開し、腱板と眼瞼挙筋結合部位を露出します。

眼瞼下垂症の手術法-2(腱板と眼瞼挙筋の短縮縫合)

次に露出した部位で、弛緩した眼瞼挙筋腱膜を前転させ、イラストの如く腱板の内側、中央、外側の三箇所に縫合します。

眼瞼挙筋の前転短縮縫合を行う際は、眼瞼下垂の改善を確認しながら、正確に行います。この操作後、皮膚縫合を行い手術を終了します。

  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談
  • お問い合わせ・メール相談バナーお問い合わせ・メール相談ボタン

ご予約・お問い合わせ(完全予約制)

  • お電話はこちら
  • お問い合わせ・メール相談
  • 【固定電話・携帯電話・PHS共通】受付時間:火~土 10:00~19:00

pageTop

ページ先頭へ