ダウンタイムについて

バッカルファット除去施術の痛みについて

ダウンタイムとは、施術を受けてから通常の生活に戻るまでの期間のことをいい、施術による違いや個人差があります。美容整形を行うことにより、通常の生活に支障をきたす症状としては「赤み」「内出血」「腫れ」があげられます。メイクで隠すことができる場合もありますがそれが難しいこともあり、症状が重い場合はお客様が予定されている仕事や外出のスケジュールに支障が起きることもあります。また、切開を行う施術より、高周波などにより内部に直接影響を与える施術のほうがダウンタイムは短い傾向にあります。バッカルファット除去施術は口腔の切開を行うためダウンタイムは避けられませんが、表面の皮膚を切開・切除して頬のたるみを改善するフェイスリフトなどに比べると短い期間で回復することができます。

バッカルファット除去施術に伴うダウンタイムと主な症状

バッカルファット除去施術は口腔内を切開します。傷跡が回復するまで時間を要しますが、顔表面の皮膚には傷をつけないため術後すぐにメイクをしていただけます。バッカルファットでもっとも目立つ症状は、術後直後から見られる腫れです。施術前に行う麻酔の影響による腫れもあります。個人差もありますが、麻酔による強い腫れは早ければ翌日にひくこともあり、3~7日のうちに落ち着いてきます。1カ月経つ頃には腫れがほとんどひき、施術前よりもすっきりとした頬のラインを実感できます。すべてのダウンタイムは1~3カ月ほどで終了しますが、実際には1週間程度でほぼ通常通りの生活を送っていただけます。

その他の症状とダウンタイム

内出血

バッカルファットの除去施術では、内出血を起こすこともあります。
これは手術の過程で細かい血管が傷つくことにより起こり可能性がありますが、
個人差はあるものの2週間前後で引いてきます。

腫れ

手術直後はあまり腫れは出てきませんが、術後1、2日で腫れが出てきます。
内出血同様、個人差はあるものの2週間前後で引いてきます。

血腫

またバッカルファットを除去した箇所に1週間ほど経過すると「血腫」ができます。
「血腫」はどの方にもでき、頬の上からも「しこり」が感じられるようになりますので、
毎日揉み込むようにマッサージをしてください。

術後の生活について

食事の制限

バッカルファットの除去施術を行うと、口腔に傷ができるため口内を清潔に保つことが望ましいです。施術した当日はゼリーなどの流動食など。 経過次第では翌日から硬いものを除き通常の食事をしていただけます。飲酒は2、3日お控えください。

運動の制限

バッカルファット除去直後は運動を控える必要がありますが、2~3日で適度な運動は可能になります。7~10日ほどで通常の方と同じように運動していただけます。

Copyright(C) CUVO. All Rights Reserved.