GINZA CUVO

ネット宣伝からの解放-2

| コメント(0) | トラックバック(0)

一般的に営業職は外出して新たな顧客確保する。そして新たな顧客獲得はほとんど自分の努力次第ということになる。だが医療は一般企業営業職とは異なり、顧客獲得のために外で営業活動するわけにはゆかず、お客様にお越し頂くのをひたすら待っているしかない。


昔あるクリニックが新規開業時の顧客確保にクリニック従業員が近くの街頭でチラシやパンフレットを道行く人に配る、いわゆる"キャッチ"行為をしたと聞いた。だがプライバシー尊重が最優先事項の一つとなる美容医療では、"キャッチ"による集客効果は乏しいばかりでなく、今まさに美容医療が通常医療の仲間入りをしようとしている中、そういった強引な集客は回避すべきであろう。


ご存じの通り、美容医療は守秘性が高く治療を受けた患者さんがその事実を他人に語る、いわゆる"口コミ"で顧客が広がりにくいのがこの医療の立ち位置を困難にしていると認めざるを得ない。ではこの医療においてどのような集客が最も適切なのか?それを知ることは安定した美容医療を営む上で大変重要なはずだ。


そこで僕は正しい集客法を知るためにあらゆる努力をするようにしており、クリニックを訪れるお客様たちの言葉にも注意深く耳を傾けるようにしている。そこで時折驚かされるのがお客様たちの中に、インターネット情報をほぼ100%鵜呑みにする方々に遭遇することである。


確かに"ネット・サーフィン"と呼ばれる、自宅など一つの場所に留まったまま必要な情報や興味ある情報を瞬時にして得られる情報収集方法は、この上なく便利で、今世紀最大の発明の一つと言えるだろう。だがそこには利便性と同様にリスクも潜んでいることを肝に銘じる必要がある。何故ならネットには莫大な情報とそこにアクセスする人たちを巧みに利用して富を得ようとする欲が見え隠れする世界でもあるからだ。


その証拠にネットを介した出会い系サイトで未成年が被害に遭う被害が跡を絶たないばかりか、脅迫・ストーカー、詐欺、業務妨害、、風評被害、架空請求、"ハッキング"と呼ばれるカード不正使用などなどネットを取り巻く環境は、まるで地獄絵を思わせるような悪の温床でもあることを知るべきである。


美容医療において最も効率的な集客法が、インターネット宣伝であることにもやは疑いの余地は全くない。だがインターネット宣伝に完全依存すると、まるで洪水の如く情報が氾濫したインターネットの荒波に飲み込まれ、良くも悪くもインターネット情報のトレンド(流れ)でクリニック動向が左右されかねない。


だが何度も言うように、インターネット情報は美容医療を例に上げると、プロ(医師)でも素人(一般人)でも誰彼でも匿名で、いつでもどこでも思いつきのまま何であろうと記載可能で、その記載内容に関してプロ(医師)と素人(一般人)のコメントなのか区別すら出来ない、極めて信憑性に欠ける情報ソース(手段)であることを決して忘れてはいけない。


少なくとも医療のプロである我々医師たちは、インターネットが大変有効な広告媒体だからといって、上記の如く良質情報と同等かそれ以上に悪質情報も入り交じったまるで"玉石混交"のようなインターネットに迎合すべきではない。そこで僕は、クリニックを訪れるお客様に、インターネットを決して鵜呑みにすることなくあくまで参考程度とするよう必ず伝えるようにしている。


話をクリニック運営上の適切な集客法に戻すと、その方法にこれといった"王道"はないというのが僕の結論である。当クリニックは今後もインターネット上への情報掲載は行うがが、その情報はプロ(医師)として医学的根拠のあるものとするつもりである。さらに、あからさまな集客を目的とした極端なインターネット上の露出は今後も回避したい。その代わりお越し頂いた一人一人のお客様を大切にし、最善の医療を提供することでクリニックが次第に繁栄してゆくことを目指したい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cuvo.jp/cuvo_cms/mt-tb.cgi/647

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ