GINZA CUVO

ハイグレード(質の高い医療を提供できる)・クリニックを目指して

| コメント(0) | トラックバック(0)

日頃から美容医療に従事していると、この領域で扱う内容がとてもプライベートな事を身に染みて感じる。この医療は治療を受ける方々の劣等感(コンプレックス)に正面から向き合って、その改善を図るためにある。

お客様はコンプレックス解消のために、美容外科という高い敷居を乗り越えてやってくるため、多くの方々は緊張のため笑顔すら見せられない。治療内容に関しても決して他人に知られたくはなく、治療の痕跡すら一切残したくないと考える人がほとんどだ。

だがこの医療を提供するクリニック側は、そういったこの医療につきまとう、極めてデリケートな側面を軽視してしまうことが少なくない。その良い例が美容クリニックが集客のために行う派手な宣伝広告である。実際にこの業界では、お客様が、派手な広告に魅せられて治療を受けたものの、得られた結果が宣伝内容とはかけ離れていたがために、クレームになることがあると聞く。

そもそもこれほどデリケートな内容を扱う美容医療では、派手な宣伝広告で集客を図るべきではない。しかもテレビ、雑誌、インターネットで露出を増やせば、それが直ちに集客に繋がると考えがちだが、そういったキャッチ広告では必ずしも良質な顧客を獲得することは出来ず、 冷やかしや興味本位の顧客層を増やしかねない。

では良質の顧客確保には、何をすべきなのか?その方法は、

1.広告宣伝はインターネット等で、治療に関する詳細かつ正確な情報提供程度にすること。(決して誇大広告をしないこと。)

2.従来の医療と同様に、真摯な医療を継続し、実際にその治療を受けた患者さんの紹介や口コミでコツコツと集客を図ること。

だと僕は信じている。

紀元前4世紀に存在した医学の父、ヒポクラテスは"医師の誓い(医師の倫理、任務などについてのギリシャ神への宣誓文)"として次のようなことを述べた。

1.自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。

2.医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。

3.生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。

つまり医師は、客様のプライバシーを厳守し、彼女・彼らのメリットを最優先に治療すること、そして決して金儲けのために医療をすべきではないことが2000年以上前から明確に宣言されているのだ。そしてその宣誓文の最後には次の一文がある。

"この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。"

美容医療に携わる医師こそ、このヒポクラテスの誓いを肝に銘じるべきなのだ。開業8年目を迎えた当クリニックは、このの誓いを遵守して、より質の高い医療を提供してゆきたい。


銀座CUVOクリニックオフィシャルサイト

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cuvo.jp/cuvo_cms/mt-tb.cgi/498

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ