GINZA CUVO

モデルさんのお仕事

| コメント(2) | トラックバック(0)

勤務医時代、治療を担当したことのあるファッション・モデルさんから僕のクリニックを受診したいと連絡が入った。当時20歳そこそこだった彼女も今は20代後半となった。彼女がどのように変化したのかと思い、再会するのを楽しみにした。


実際に再会してみると、彼女の容姿は当時のままか、むしろさらに磨きがかかり、約7年間の時間の経過を感じさせなかった。当時彼女は大学生で、アルバイト程度にモデルをしていたが、現在はプロ・モデルとして活躍している。この仕事で生計を立てるには美しい容姿を維持する必要があり、そのために彼女は日々努力をしているのだろうと思った。


ファッション・モデルの仕事は華やかで楽しそうに見えるが、実際そうではない。まず、この仕事は景気の動向に左右されやすいので、仕事が安定して入るとは限らない。最近の景気後退に伴い、仕事は現象傾向にあるとのこと。そうなると超一流モデルならともかく、それ以外のモデルたちはオーディションでライバルたちと競い合い、勝ち残った者だけが仕事を得るといった仕組みだ。


仕事は早朝や夜遅くの誰もいないところで行われる。ジャケットでも寒い2月末、六本木や表参道の片隅で、モデルさんが素肌を出しながらの、春夏用ワンピース撮影に出くわしたことがある。このモデルさんは笑顔で撮影に応じていたものの、さぞかし寒かっただろう。逆に、真夏の酷暑時に秋冬用の服装で撮影することもある。この仕事は想像以上に過酷だが、そんな厳しい環境にもめげす、プロ・モデルとしての仕事を得たのだから、よく頑張ったものだと思う。


ファッション・モデルと言えば、背の高い外人モデルさんたちを想像する。だが、外国人モデルたちのニーズはこのところ激減しているらしい。米国経済の破綻を景気に、それまで西欧文化かぶれしていた我々の目が覚めた。その結果、我々日本人がどんなに西欧人に憧れたところで、彼ら彼女たちのようになれないことに気づいたのだ。


そもそも西欧人たちが絶対的に美しいかと言えば必ずしもそうではなく、東洋美の価値がここにきて再確認され始めている。単に外見的に見栄えの良いものが評価される時代は終焉を迎えつつある。そこにスピリチュアル(内面的)なものが加味されていなければ、すぐに飽きてしまうことに我々は気がつき始めたのだ。


だから、一般人の手に届きそうな彼女のような東洋人モデルさんにとってこの世の中の流れは追い風らしく、西欧人モデルさんの仕事に取って変わり、雑誌やテレビコマーシャルに引っ張りだこという。この知人のモデルさんの顔にはしわひとつない。どこかでボトックスなどのスキンケア治療を受けているのかと疑ってしまうほどだ。


だが、彼女の顔の動きをよく観察すると、顔にしわの寄りにくい表情しかしていないことに気がついた。彼女の顔にしわがないのは、ボトックス治療によるものではなく、日頃の彼女の顔にしわを寄せないようにする訓練の賜物なのだ。一見、華やかそうなモデルさんのお仕事も、実は生半可なものではない。どんな仕事にもそれなりの苦労があり、成功するには絶え間ない努力が必要であることを彼女の姿に垣間見た。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cuvo.jp/mt/mt-tb.cgi/601

コメント(2)

モデルさんは食事制限もしなきゃいけないし…好きじゃなきゃできないですよね…

一生太らないダイエットの知識を手に入れませんか? ...

一食の量を今までよりも減らすことも食事制限です。 物理的に考えると食べる量を減らすのですから体重が減って当たり前です。 当たり前なんですが、当たり前じゃなくなる時期がやってきます。 当たり前じゃなくなる状態というのは・・・...

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ