GINZA CUVO

運命的な助言

| コメント(0) | トラックバック(0)
クリニックを訪れた香港・セレブ ある日一人の香港人男性が僕がかつて勤務していた十仁病院にふと立ち寄った。美容外科の老舗、十仁病院の名前は香港でも知れ渡っていた。名前はウイリアム、彼の美意識は並大抵でなく、大切な自分の顔の相談とあって英語でのカウンセリングを求めていた。その日たまたま新橋の十仁病院で勤務だった僕が彼の担当となった。彼の身だしなみ、物腰、あか抜けた雰囲気を見て、“香港の俳優かな?”と思った。カウンセリングの内容は二重の相談なのだが、以前彼が香港や米国で行った二重治療は何度行ってもすぐ元に戻ってしまうと訴える。やや奥二重気味のウイリアムは「この二重幅をもう少し広くして、長く維持出来るでしょうか?」と僕に尋ねた。彼は日本で開発された糸を用いて行う優れた治療、二重埋没法を知らないらしい。僕は「いい治療方法があります。」と答えた。美容医療に積極的な彼はこの方法を聞いた後、すぐに治療を受けたいと言い出した。治療を終えると彼は結果にも大変満足した。 香港・セレブとは何だろうか? ウイリアムは香港を代表する資産家の家族に生まれた40代半ばの男性で、いわゆる香港・セレブの一人である。彼は僕の行った二重治療の話を自分たちの仲間の香港富裕層に紹介した。それ以来、香港セレブたちが時折僕の治療を受けに来るようになった。つい最近まで英国植民地だった香港、社会構造も英国のそれに近い。現代日本と異なり、香港には支配する側と支配される労働者と言った社会的階級が存在する。香港に足を運ぶと、限られた土地に高層ビルが真っ先に目に入る。人口密度は東京以上で家賃は並外れて高い。庶民が支払う家賃や借りたお金の金利は不動産所有者、銀行や証券などの金融関係者たちに一方的に流れる。しかも累進課税制度がなく、どんなにお金を稼いでも税金は一定なのでお金もちはさらにお金持ちになる。お金持ちたちはその資金力を投資に廻すので、お金持ちはたくさんいたほうが結局国益に結びつくと言った、究極の資本主義が香港には存在する。このような社会的背景から生まれる富裕層が香港・セレブとなる。日本・セレブは一般的に言うと芸能人を意味するが、香港・セレブは芸能人たちと一線を画する。香港・セレブはあくまで代々資産を築き上げてきた家族に生まれた人たちなのだ。香港経済の支配階級であり富裕層であるこのセレブたちは、彼らの中だけ交流して生活する。つまり、香港・セレブは戦前の日本に存在した財閥や貴族たちに近い階級だが、彼らは香港の中国返還後も依然存在し続けている。 開業への決心 ある日、ウイリアムの紹介で香港・セレブ界のエラと言う名前の女性がが美容治療のために僕のもとを訪れた。治療を終えた彼女は突然、「あなたはこれからどうするつもり?」と僕に尋ねてきた。僕は彼女の唐突な質問に驚きながら「えっ、何の事ですか?」と聞き返した。エラは「あなたの人生は今が最も充実していなければなりません。外科医として本当にいい仕事ができるのはせいぜい10年くらいでしょう。漫然と過ごしていたら時間がもったいないじゃない?」と続けた。 僕は痛いところをつかれたと思った。何故なら、その頃の僕は全力を出し切って仕事をしているとは言いがたく、勤務医としてこのままでの状態でいいものか真剣に悩んでいた。東京に出て来て4年の月日が経過し、年齢も30代後半となった。このままでも経済的には困らない。けれど勤務医でいる限り、自分のやりたいことは思う存分出来ない。仕事に対して不完全燃焼気味の僕は心のどこかで“自分の仕事が世間に認められたらどんなにすばらしいだろう。”と思っていた。彼女は帰り際に一言、「向こう3年間であなたの名前が美容外科医として知られるよう、最大限の努力しなさい。私はそれを見守っています。」と言い切った。 その言葉に力強さと説得力があったせいだろうか、その日以来、彼女の言葉が頭から離れなくなった。彼女の言ったことを実現するには何をすればよいのだろうか?僕は毎日それを考えながら時を過ごすようになった。ある日、“それは独立して自分のクリニックを開くこと。これしかない!”と確信した。 それ以来、僕の生活は勤務医の仕事と開業準備のため突如忙しくなった。先立つものはお金、開業には莫大な投資が必要となる。お金を借りるためには社会的信用が必要だが、過去3年間の納税証明書などでそれを証明しなければならない。まさか大金を借りるとは予想だにしていなかったので、そういった重要書類はどこかに紛失していた。従来、整理整頓の苦手な僕にとって、必要書類を揃えることから開始した開業準備はこの上ない試練だった。「もう無理だよ、こんなこと!」と何度もあきらめそうになった。しかし、“自分の最大の弱点、つまり整理整頓を出来るようになることが開業への成功の鍵である。”と悟り、出来る限りの努力をした。その甲斐あって2年前の春、自分のクリニックを開くことに成功した。 昨春、時間を見つけて香港を訪れた。真っ先にウイリアム、そして僕に運命的助言を与えてくれたエラに僕が開業に漕ぎ着けたこと、そしてクリニックが順調に滑り出したことを報告をした。二人は代わる代わる僕を抱擁しながら「おめでとう、よくやったね!」とほめてくれた。今やこの二人は僕にとって兄や姉以上の存在であり、彼らとの運命的なつながりを強く感じずにいられない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cuvo.jp/cuvo_cms/mt-tb.cgi/343

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ