GINZA CUVO

脱脂っていうのは何?

| コメント(0) | トラックバック(0)
テレビ番組"さしのみ"最終回 先日石原都知事(76歳)とみのもんたさん(60代半ば)の"さしのみ"という番組の最終回を見ていた。僕は職業柄上、どうしても彼らの顔の特徴を覗き込んでしまう。男性のしわは年輪のように刻み込まれるので、それがかえって魅力的という女性も少なくない。みのもんたさんのしわは、少なくとも10歳以上年上の石原都知事のものより深い。多分、みのもんたさんは仕事中毒なようなところがあって、一日の睡眠時間も2~3時間らしいので、老化が早いのかもしれない。それに比べて石原都知事の顔はしわは少なく、実年齢ほど老いた匂いを感じさせず、むしろ自信に裏付けられた風格を漂わせている。石原都知事は戦前に生まれ、日本が独自のプライドを持ち合わせていた頃に生きていた。戦後生まれの僕たちは、潜在的にアメリカの言いなりで、日本人としてのプライドを忘れている。アメリカに迎合しない石原知事の自信に魅力を感じる人たちは少なくない。 "しわとたるみ"の違い ただ、この二人の顔を見ていて唯一気になったのが、目の下のたるみだった。先ほど述べたように、顔のしわはそれほど気にならないし、むしろしわがあったほうが自然だ。しかし、目の下のたるみに関してはどう見ても邪魔な老化現象としか言いようが無い。目の下のクマ(くま)やたるみには年輪の風格は全く感じない。もし、石原知事とみのもんたさんに目の下のたるみがなければ、二人の顔は画期的に若返ってさらに魅力的な男性となるであろう。 では、何故しわはそれほどでもないのに、目の下のたるみは顕著に老いを感じさせるのであろうか?その答えは簡単、しわは笑いじわのように顔の表情に伴って現れるのに対して、たるみは皮膚、皮下組織の緩みが原因で重力に抵抗できずに起こる決定的な老化現象だから。老化現象に伴うたるみは体全身に起こる。 男性では30代になって油断しているとお腹が出てくることも多い。男性の場合、体質的に内蔵に脂肪が溜まりやすいため、運動不足の男性はお腹に脂肪がつきお腹が前に出てくる。特に、若い頃から運動をしておらず腹筋が発達していない場合、20代後半でもお腹が出てくる場合がある。これも一種の老化現象とみなされる。それもそのはず、動物学的に見た場合、自分で獲物をとれなくなった個体は自分の体に栄養を蓄えるしかない。そのため、老化してきた個体はお腹に脂肪を蓄え始めて、いざというときのための栄養を維持しておくのだ。逆に元気な若い個体はいつでも獲物を得られるため、体には余分な脂肪をつける必要がない。そのため、体は筋肉が隆々としており、人間は本能的にこのような体型に若さを感じる。 自分ではどうする事も出来ない"目の下のクマ(くま)、たるみ" 顔の場合も同様で、引き締まった顔は若さがあり、魅力と言える。逆に怠惰な生活を続け、締まりのない顔は魅力的ではない。だから人間は、特に男性の場合、"生き様が顔に現れる。"と言われるのだ。それなりに、緊張感のある人生を送っていると、石原知事のようにたとえ76歳になっても顔はそれほどたるまない。しかし、目の下だけはどんなにすてきな生き様をしていようと関係なくたるみ出す。早い人であれば、20代前半でも目の下のたるみが気になり出すが、それは目の下のたるみの原因は過剰脂肪が原因で、これは我々がモンゴル民族から引き継いだ遺伝子の賜物であるからに他ならない。僕がこの治療に執拗にこだわる理由はそこにある。どんなに魅力的な生き方をしていても、目の下のたるみだけは自分で解消する事はできない。どんなにダイエットしても目の下の過剰脂肪だけは痩せない。それはこの脂肪が栄養を蓄えているからではなく、目を寒さ守るために用意されていたモンゴル民族特有の脂肪だからだ。 今は亡き僕の祖父にも顕著な目の下のたるみが存在していた。子供ながらに僕は目の下のたるみだけは醜いものとして認識していた記憶がある。残念ながら僕もその遺伝子を引き継いだようで、僕の目の下にもたるみが目立つ。 いわゆる"脱脂"ではない、本当の"目の下のクマ(くま)、たるみ治療" 先ほどから述べたように、目の下のたるみの原因は過剰脂肪が原因だ。この目の下の脂肪を除去することを巷では何故か"脱脂"と呼ぶ。僕もこの"脱脂"治療を頻繁に行ってきたが、今やこの治療を単に"脱脂"と呼ぶつもりはない。なぜなら、僕が行う目の下のたるみ治療は、経験とともに進化し続け、脂肪除去のみがその治療の意義とは言えなくなってきているからだ。過剰脂肪を除去することは目の下のたるみ治療の50%の価値としか言えない。残りの50%は僕の1500症例の治療経験の中から生み出した目の下の皮膚のリフトアップを操作にある。この操作はラーメン屋さんで言えば秘伝のスープのようなものなので、ここで明かす事は出来ないが、僕の目の下の治療を受けた多くの患者さんたちが目の下のリフトアップ効果を感じてくれるようになった。 石原知事とみのもんたさんの番組を見ながら、ふと感じたこのような顔の特徴のことは顔の治療を専門とする僕だけが感じ取るものなのかもしれない。しかし、僕のクリニックにくる美意識の高い多くのお客様たちはみな、治療の後には他人の目の下のたるみに目が止まるという。きっと彼ら、彼女たちも"さしのみ"を見ながら、石原知事とみのもんたさんの"目の下のたるみ"に目が止まっただろうと思った。

目の下のたるみ治療について
目の下のくま治療について


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cuvo.jp/cuvo_cms/mt-tb.cgi/462

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ