GINZA CUVO

僕のアンチエイジング治療-14

| コメント(0) | トラックバック(0)
デトックスで完結したアンチエイジング治療 僕のデトックス治療のほうは、α―リポ酸を定期的に取りつづけることで、現在も続行中だ。特にお寿司などの魚介類を食べた翌朝はα―リポ酸を普段の倍の2錠飲むようにしている。α―リポ酸は重金属ばかりではなく、カルシウムやマグネシウムなど良いミネラルまで吸収してしまうので、小分けして飲むのが良い。食後より食前30分くらい前に摂取すると最も効果的と言われている。α―リポ酸は水、食物、大気汚染の進んでいる都会で暮らしてゆく限りはずっと飲み続けなければならないサプリと決意をしている。デトックス医療の大家である大森先生は“プラスのサプリから悪いものを取り除くマイナスのサプリ”という考え方を推奨しているが、この考え方はとても大切だ。どんなきれいな絵の具でも黒い色を混ぜると汚くなってしまう。どんなに良いサプリを摂取していても、体に悪いものが溜まっているとその効果はあまり意味がない。まずは体の中をきれいにしてからアンチエイジングを考えるべきなのだ。 デトックス治療を開始してからそれまでどうしても解決することができなかった倦怠感、肌荒れ、体力低下等などの大半の問題を解決することが出来るようになった。それは基礎代謝が上がり、免疫力が復活したためだ。車のエンジンに例えると、古くなったオイルを入れ替えてエンジンのまわり方が良くなった状態だ。 アンチエイジング・メディカルスキンケアのCUVO 最後に アンチエイジング治療のまとめとして普段から心がけるべきことをまとめると、 1.歩行など普段から無理なく長続きする運動を生活の中に取り入れる。 2.バランスの良い食生活を保つ。(タンパク質や脂肪などはダイエットの際、避けることが多いが、実は 摂取しても炭水化物と摂取しなければ太らないことを認識する。減らすべきなのは糖分などの炭水化物である!) 3.できるだけ、十分に睡眠時間をとる。 4.趣味など自分の生き甲斐を持ってストレスを溜め込まないようにする。 5.サプリはデトックスから始める。次に抗酸化剤とマルチミネラルを主体として摂取する。 6.水銀、鉛などの毒を含まないきれいな水を1日コップ5杯(1.5リットル)くらい飲む。 7.体の新陳代謝を高めるように心がける。(サウナ、ホットヨガ、温水冷水浴など) これで、僕の内科的アンチエイジング治療の方針がほぼ確実なものとなった。ちなみに僕は上記7項目を実践するように毎日心がけている。ここまでたどり着くのに5年近い歳月を費やした。様々な試行錯誤を繰り返してたどり着いただけに、これから将来に向かって出来るだけ健康で幸せに生きることを希望する前向きな方々の参考になれば僕にとってこれほど嬉しいことはない。 アンチエイジング・メディカルスキンケアのCUVO

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cuvo.jp/mt/mt-tb.cgi/482

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ